あさが来た 第84話 感想】夫婦っていいものですね。

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

1.第14週 新春、恋心のゆくえ【今週のあらすじ】

以下は、公式サイトからの引用です。

 明治11年12月。新年の準備を賑やかにするあさ(波瑠)や加野屋の人々。そんな中、番頭の亀助(三宅弘城)は、加野屋で働くふゆ(清原果耶)に思いを寄せていた。そのことを知ったあさはドキドキして見守る。

そしてあさは、亀助の恋心をなんとかしようとするが、ふゆは父の決めた縁談を受け入れようとして…。ふゆを心配に思った、新次郎(玉木宏)が勇気づけようと街に連れ出し話をすると、ふゆは突然…。そして亀助がふゆのもとへ行くとふゆは泣き出してしまう。

するとある日、ふゆの父、彦三郎(上杉祥三)が縁談の相手を連れ加野屋に怒鳴りこんで来る。ふゆと加野屋の店の者が街中で親しくしている様子を見たという。縁談が破談になると暴れて怒鳴る彦三郎に対して、亀助は…。新年早々、加野屋の中は、ふゆと亀助をめぐって大騒動になる。

騒動が収まったところで、改めて話しあう、亀助はついにはっきりとふゆに結婚を申し出る。するとふゆは…。そして、あさの銀行設立への思いは、日増しに大きくなっていき…。

以上 引用おわり。

2.第14週 第84話【今日の一言あらすじ】

亀助と ふゆの結婚式当日。うめが ふゆのお世話をしていた。皆が集まって、ふゆと 亀助を囲む。「ふゆがこんなことに成るとはなぁ」とよのが話す。そして、雁助も帰って来た。二人の記念撮影。祝言も無事終わった。二人で新婚旅行に九州の炭鉱に行きたいと話す。

 

あさと 新次郎は、みわの店に。そこに五代が現れる。そして、学校の設立のために動いていると言われ、あさに関係者を紹介。新次郎は、五代と居ると自分が物を知らん者に見えると焼餅。新次郎が五代の所に行く。残ったあさに みわが話す。五代と新次郎が二人で呑んでいることがあるらしい。

びっくりポンや!

 

新次郎とあさが話す。あさは、ドキドキしたことがなかったと言っていたが、思い出したらしい。幼い頃に新次郎にドキドキしたことを。新次郎も「わてもだす。何遍 あさに何処ドキドキしたことか」と話す。

 

榮三郎も、新次郎と よのと一緒に許婚に会いに行く。

3.第14週 第84話【感想】夫婦っていいものですね。

今まで 色々な夫婦を観て来ました。ドラマも含めてw 確かに違う所で育った二人が一緒に暮らして行くのは楽しいこともある反面、大変なことも多々あると思います。

でも、やっぱり今日の放送を観ていると あさと新次郎 …素敵な夫婦だと思いました。

 

CHAGE and ASKA (今は飛鳥は置いておいて汗涙)のチャゲ の曲の中にあったのですが


「ひとりで見るより この空は青い」

ってフレーズがあります。
まさに それだなと思います。

まっ! 結婚したら そうではない場面も多々あるのでしょうけど…ねw

 

 

記事が楽しければ、投票ボタンを ポチッとしてやってくださいw

 

 

4.今日のおまけ

[MV] LOVE / MULTI MAX

NHKの公式サイトでこんなのを見つけました。
⇒あさと新次郎、「夫婦」になるまで。

 

あさが来た!バナーのコピー

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

このサイトについて

2016-01-04morocco-横260px

はじめまして。モロッコです。
あなたを元気にさせるエンタメ情報を
発信して行きますね。
よろしくお願いします。
鼻を押していただければw、
『少しだけ変なプロフィール』
に飛びます!

 

『目次』だよ!クリックしてね!…『宝の地図』って何?

Amazonプライムビデオ

特集ページのピックアップ!

放送終了サイドバナー

迷探偵モロッコ サイドバナーのコピー

カテゴリー