【あさが来た 第13週火曜日 第74話 感想】福沢諭吉登場!

この記事は1分で読めます

スポンサーリンク

1.第13週 東京物語【今週のあらすじ】

以下は、公式サイトからの引用です。

 五代友厚(ディーン・フジオカ)から、商いの勉強のため、文明開化が進む東京の視察に誘われた、あさ(波瑠)。娘の千代がまだ幼いため、悩むあさに対し、新次郎(玉木宏)とよの(風吹ジュン)は、自分のためなら覚悟を決めて行くように話す。

あさはうめ(友近)とともに東京を訪れる。五代の事務所を訪ねたあさは、そこで内務卿、大久保利通(柏原収史)を紹介される。三人は、意気投合しこれからの日本について話しあう。ただただ驚くうめ。そしてあさは、改めて大阪のために働きたいと思う。

さらにあさは、偶然福沢諭吉と出会う。福沢の女性の社会進出についての意見を聞いたあさは…。東京でいろいろなことを学んだあさが、帰ろうとしたその日、大久保利通が暗殺されたことを知る。驚いたあさは、五代が心配になって駆け付ける。すると五代は酒を飲んでいて…。

一方、大阪では、加野屋で働くふゆ(清原果耶)に縁談の話が舞い込む。それを聞いた、新次郎(玉木宏)と亀助(三宅弘城)は…。大阪に戻ったあさは、時代の大きな変化を感じて…。

以上 引用おわり。

2.第13週火曜日 第74話【今日の一言あらすじ】

よのは、他の人と違う外で働く道を選んだのに 他の人と同じようにお母ちゃんも やりたいなんて欲張りや。人に後ろ指さされても覚悟決めてやりなはれと あさを励ます。

…ということは、東京に行くのを よのも許したことに成る。

あさは、東京出発の準備として新次郎に千代の育て方のポイントを伝える。五代との約束の日と成り、あさと うめは東京に向けて出発する。東京に辿り着いた二人。そして、あさは 福沢諭吉に会う。

福沢諭吉に文明を語った後、あさは五代の東京の事務所に向かう。

3.第13週火曜日 第74話【感想】福沢諭吉登場!

福沢諭吉が、武田鉄也だったとは…。坂本龍馬を演じたかっただろうに。まあ 似合っているかは別ですが…w 少し違和感を覚えつつも、これも面白いな。文明開化の立役者の諭吉に 

あさが得意顔で文明を間違った英語で語るのもかわいいですね。

そして、あさが東京で どんな活躍を見せてくれるのか? これからの展開が楽しみです。

eaa98db7

 

記事が楽しければ、ポチッとしてやってくださいw

にほんブログ村 芸能ブログ エンターテインメントへにほんブログ村

 

あさが来た!バナーのコピー

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

このサイトについて

2016-01-04morocco-横260px

はじめまして。モロッコです。
あなたを元気にさせるエンタメ情報を
発信して行きますね。
よろしくお願いします。
鼻を押していただければw、
『少しだけ変なプロフィール』
に飛びます!

 

『目次』だよ!クリックしてね!…『宝の地図』って何?

Amazonプライムビデオ

特集ページのピックアップ!

放送終了サイドバナー

迷探偵モロッコ サイドバナーのコピー

カテゴリー