【あさが来た 第79話 感想】亀助の恋愛。 自分なら どうするかな?

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

1.第14週 新春、恋心のゆくえ【今週のあらすじ】

以下は、公式サイトからの引用です。

 

 明治11年12月。新年の準備を賑やかにするあさ(波瑠)や加野屋の人々。そんな中、番頭の亀助(三宅弘城)は、加野屋で働くふゆ(清原果耶)に思いを寄せていた。そのことを知ったあさはドキドキして見守る。

そしてあさは、亀助の恋心をなんとかしようとするが、ふゆは父の決めた縁談を受け入れようとして…。ふゆを心配に思った、新次郎(玉木宏)が勇気づけようと街に連れ出し話をすると、ふゆは突然…。そして亀助がふゆのもとへ行くとふゆは泣き出してしまう。

するとある日、ふゆの父、彦三郎(上杉祥三)が縁談の相手を連れ加野屋に怒鳴りこんで来る。ふゆと加野屋の店の者が街中で親しくしている様子を見たという。縁談が破談になると暴れて怒鳴る彦三郎に対して、亀助は…。新年早々、加野屋の中は、ふゆと亀助をめぐって大騒動になる。

騒動が収まったところで、改めて話しあう、亀助はついにはっきりとふゆに結婚を申し出る。するとふゆは…。そして、あさの銀行設立への思いは、日増しに大きくなっていき…。

以上 引用おわり。

2.第14週 第79話【今日の一言あらすじ】

 

kv78WpoUnJDuem8_zLCKn_940

ふゆに縁談の話が出て、やきもきしている亀助。加野屋も新年の準備を入る。あさも何か仕事がしたいのだが、中々仕事が見つからず やっとお餅を丸める仕事に。そして大晦日。あさが始めた加野屋は年越しに蕎麦と うどんを食べる風習が定着する。張り切ってうどんを作る あさ。

そして、加野屋も新年を迎える。張り切ってお餅を食べていた亀助は、餅を詰まらせ様子をみる あさ。あさの気遣いで亀助とふゆを二人に。そんなとき、あさと新次郎たちのいる加野屋の店先にふゆの 縁談の男が。そのころ、亀助は ふゆに 本当に結婚するのか?と訊くのであった。

スポンサーリンク

3.第14週 第79話【感想】亀助の恋愛。 自分なら どうするかな?

次の「あさイチ」に ふゆ役の清原果耶さんがテーマが着物のレポーターで出ておられました。そのときに ふゆも今回 少し変わった着物を着ますと言われていたので今週 ふゆの結婚までが描かれそうですね。

maxresdefault-640x360

それにしても亀助。見てるとイライラしますね。はよ 言えよ!とか思ってしまいますw まあ ドラマとしては、それが良いのでしょうけど。即効 告白して振られてハイっ!次って成るよりは面白いですよね。

そして、自分なら どうだろうなぁ。大好きな人にキチンと告白できてきたか?…は、かなり怪しいなぁw 惚れやすかったのもあるしなぁ。中々言うことは出来なかったけど、恥ずかしいけど そして振られると大変 辛いですけど でも ちゃんと思いを伝えることが出来たときは

後悔はなかったですね。そして、頑張ったことは、それの理想形は思いを全力で大好きな方に伝えることかもしれない。でも、そこまで至らなくても その人のことを大好きで楽しかった日々 その人を喜ばせる為に頑張った行動 ときには思い出したら恥ずかしい行動(汗)もあるかも。

 

でも、その頑張った行動の一つ一つは絶対に無駄には成らない。


そのときに花開かなくても それは後に繋がって行くのです。
振られる度に思った。こんな自分でも選んでくれる方が居られるのなら
その方を幸せにするために全力でがんばろうと!

だから、亀助がんばれ!
振られるの前提で書いている自分に今 気付きましたw

 

記事が楽しければ、投票ボタンを押してやってくださいw

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

このサイトについて

2016-01-04morocco-横260px

はじめまして。モロッコです。
あなたを元気にさせるエンタメ情報を
発信して行きますね。
よろしくお願いします。
鼻を押していただければw、
『少しだけ変なプロフィール』
に飛びます!

 

『目次』だよ!クリックしてね!…『宝の地図』って何?

Amazonプライムビデオ

特集ページのピックアップ!

放送終了サイドバナー

迷探偵モロッコ サイドバナーのコピー

カテゴリー