【あさが来た 第80話 感想】亀助の最大のライバルは、新次郎!

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

1.第14週 新春、恋心のゆくえ【今週のあらすじ】

以下は、公式サイトからの引用です。

 明治11年12月。新年の準備を賑やかにするあさ(波瑠)や加野屋の人々。そんな中、番頭の亀助(三宅弘城)は、加野屋で働くふゆ(清原果耶)に思いを寄せていた。そのことを知ったあさはドキドキして見守る。

そしてあさは、亀助の恋心をなんとかしようとするが、ふゆは父の決めた縁談を受け入れようとして…。ふゆを心配に思った、新次郎(玉木宏)が勇気づけようと街に連れ出し話をすると、ふゆは突然…。そして亀助がふゆのもとへ行くとふゆは泣き出してしまう。

するとある日、ふゆの父、彦三郎(上杉祥三)が縁談の相手を連れ加野屋に怒鳴りこんで来る。ふゆと加野屋の店の者が街中で親しくしている様子を見たという。縁談が破談になると暴れて怒鳴る彦三郎に対して、亀助は…。新年早々、加野屋の中は、ふゆと亀助をめぐって大騒動になる。

騒動が収まったところで、改めて話しあう、亀助はついにはっきりとふゆに結婚を申し出る。するとふゆは…。そして、あさの銀行設立への思いは、日増しに大きくなっていき…。

以上 引用おわり。

2.第14週 第80話【今日の一言あらすじ】

亀助は、ふゆに 結婚は会ってみて決めたらどうや と言う。しかし、ふゆは 親が言うとおりにする と反論。そして、亀助は 思う人がいるのにいいのか と言う。しかし、ふゆは 折角 心を決めたのに何故そんなことを と怒る。亀助は、あんたのこと思ってるからや と応える。

走り去るふゆ。

 

時が過ぎて、付き合いで飲んで来た新次郎が帰って来る。そんなとき、ふゆの見合い相手と ふゆの父が加野屋を訪れた。様子を亀助に伝える新次郎。小正月に成ったら、ふゆはお嫁に行くらしい。本当にこれでいいのんですか? と亀助に言う新次郎。

 

その頃、あさは 榮三郎と寄り合い所に行っていた。五代の提案で皆で飲みに行くことに。大酒飲んでも仕事の話が出来るという五代だが、あの日は自分をコントロール出来なかったと あさに話す。そして、商法会議所は最初は皆に反対されていた。

しかし、自分たちの考えを広めてくれた方がいるらしい。その方が現れた…

3.第14週 第80話【感想】亀助の最大のライバルは、新次郎!

いい所で終わりましたね。明日が楽しみです。

それにしても ふゆの父親は、少し癖のある調子が良くて感じの悪い人でしたね。なんで、ふゆは良い娘なのに こんな父親なのでしょう(汗)しかも見合いの相手も パッとしませんね。まあ 亀助がパッとするかと言えば…それもどうかな?とも思いますが…w

スポンサーリンク

何か亀助も煮え切らんなあ。ここまで来たら もっとストレートに言えばいいのに。やっぱりイライラする。そこがドラマですけどねw

 

img_0384a828a5ac3a525c485672c921cd6c92034

そして、ふゆの思い人 新次郎。
亀助も惚れる位の良い男。しかし、亀助。新次郎を褒めてる場合じゃない。外見を超えるのは無理だとしても何かの面で新次郎を超えないと ふゆを幸せには出来ないぞ。

それが分かっているのか?亀助よ。
それを自覚して頑張る亀助が見たいです。
そんな展開に成るといいなぁ。それも楽しみな点です。

 

ところで、ふゆ役の清原果耶ちゃん。やっぱり、着物の方が、より可愛く見えるなぁとか思って毎回観てます。あなたは、どう お感じに成られますか?nicola_news151002_kaya_m m_kiyohara1506

 

 

記事が楽しければ、ポチッとしてやってくださいw

 

 

あさが来た!バナーのコピー

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

このサイトについて

2016-01-04morocco-横260px

はじめまして。モロッコです。
あなたを元気にさせるエンタメ情報を
発信して行きますね。
よろしくお願いします。
鼻を押していただければw、
『少しだけ変なプロフィール』
に飛びます!

 

『目次』だよ!クリックしてね!…『宝の地図』って何?

Amazonプライムビデオ

特集ページのピックアップ!

放送終了サイドバナー

迷探偵モロッコ サイドバナーのコピー

カテゴリー