ハラスメントゲーム 第5話 感想 これは教材ドラマなのか?!

この記事は3分で読めます

スポンサーリンク

テレビ東京の夜10時が熱い。ターゲットはビジネスマン。そして、その時間帯のドラマは まるで教材ドラマのよう …という噂を聴いて、どんなモノなのか?気に成ったので観てみました。果たして、その真相や いかに。

先ずは、公式あらすじの紹介から↓

ハラスメントゲーム 第5話 公式あらすじ

秋津渉(唐沢寿明)のもとに水谷逸郎(佐野史郎)から突然連絡が。飲み会で泣き出し、それ以来出社していない広報課・関根かすみ(岡本玲)の問題を解決して欲しいという。かすみ曰く原因はアルハラ。定期的な飲み会への出席を強要されたと主張する。主催者である課長・結城三郎(八嶋智人)への指導を条件に出社を約束するが、事情を知りショックを受ける結城。親睦を図ろうとしただけなのにと、やりきれない表情を浮かべるが…。

以上

テレビ東京 ハラスメントゲーム公式サイト ストーリー 第5話 からの引用でした。

第5話 公式あらすじの続き(私なりの勝手にまとめてみましたw)

結城課長は、皆に負担を掛けませまいと全て自腹で飲み会の代金を支払っていた。親睦を図ろうというのは建前で関根かすみと より親密に成りたかったからなのであった。

本当の理由を知った秋津は、結城を応援する。そして、関根かすみと二人で話せるような場を設けると約束する。また、パワハラやセクハラに成らないように近くに待機しておくとも言ってくれた。

高村真琴に 関根かすみと二人で話して貰い、結城のことをどう思っているか?探りを入れて貰うことに。そして、感触が悪く無ければ、その後 二人で会って貰う作戦だ。勿論 作戦は秋津が仕掛けたw

高村が関根に会って、結城のことを訊く。印象は普通だった。だがしかし、ここで重大なことが、彼氏が居たのだった。しかも泣き出したのは彼氏とのデートの日だったのに 

なんで会社のバーベキューをしているのか?と悲しく成ったからだと話してくれた。

それでも、秋津は会うことを決行する。逃げ出そうとした結城だったが… そこで高村が連れて来た関根に会う。覚悟を決める結城。秋津は二人にしようとしたが… やましいことじゃないと

結城は 皆の前で関根に話すことにした。最初に無理に付き合わせて負担をかけてしまったことを謝罪する結城。そして、同じく謝る関根。更に勇気は本当のことを話す。

関根と親密に成りたかったんだと話す。関根は実は そのことに気付いていた。泣いたのは、早く諦めて欲しかったからだと話す。彼氏が居て、しかもその彼氏は

同じ広報課の男性だった。ショックを受けつつも、そんなに自惚れないで。そこまで好きって訳じゃなかったから。ちょっと仲良く成りたいなと思っただけだったから と強がりを言う結城。

自惚れていて申し訳ありませんと謝る関根。

 

その後、秋津は結城をバーベキューに誘う。高村と弁護士の矢沢先生も一緒だ。秋津は結城を励ます。

 

関根は、飲み会の件を大事にしたくなったのだが、水谷取締役にコンプアライアンス室に解決して貰えと言われたことを話していた。水谷取締役の差し金だったのだ。

水谷取締役に話しに行く秋津。そこで秋津は、水谷取締役に探りを入れる。私を懐柔して 私が社長からどんな特殊な任務を受けているか?知りたかったのですか?

それを聴いた水谷取締役は、私を試したのか?お前の顔なんかみたくないと秋津を恫喝する。社長にそのことを報告すると水谷取締役をパワハラで訴えろと言われる秋津。

そして、秋津は水谷取締役を訴えることに。マルオホールディングに激震が走りそうなのであった。

以上
かなり自分の独断と偏見でまとめてみました。
それでは感想です。↓

ハラスメントゲーム 第5話 感想 これは教材ドラマなのか?!

職場で親睦を図ろうとして飲み会を企画すると、会社が終っても仕事の仲間とつるみたくないとか、アルハラだとか言われてしまう世の中に成ってしまいましたね(汗)

まあ。今回は部下に好意を持った上司が、その子と仲良く成りたくて苦肉の策ではあったのですが… 好意を持って頑張っても やり方を間違えるとストーカーとかに成ってしまうことも…。

スポンサーリンク

♪必ず最後に愛が勝つ …と頑張るのも一歩間違えばストーカーに(汗)飲みニュケーションとか言えない時代に成ったようにも思います。

まあ。ぶっちゃけ好かれていれば そのようなことも無いのでしょうけど… そこまで行きたくても中々 そこまで行けないこともありますよね。その途中だったりで。

そして、仲良く成りたいために何かアプローチをしたい。でも、そこで頑張るとハラスメントに…(汗)

世知辛い世の中です。

ただ、秋津さんは優しいです。適当な感じもしないでもないですが… 仕事だからと言いながら そんな気持ちを汲んでくれて気持ちを伝える機会も作ってくれました。

何か結城課長は上手くは行かなかったのですが… 伝えれて良かったと思います。気持ちがあるのに何もせずに終わるのって悲し過ぎるから。それを応援してくれて

その機会を作ってくれた秋津さんの想いが私は嬉しかったです。何か観ててスッキリしました。まあ。権力争いの火種はくすぶっているので、その辺はモヤモヤとしてますが…(汗)w

 

そうそう。このドラマは、教材ドラマなのか? …その視点で観たときの感想ですが… 飽く迄 素人の私が感じた独断と偏見に満ち満ちた感想ですが… 教材ドラマとして観ると楽しくないですよね。

例えば、会社でコレを見せられたとしたら、全く楽しくない。だけど、気楽に一人でドラマとして観るなら楽しい。なので、教材ドラマって呼ぶのは止めた方がいいかと思います。

まあ。面白い視点なので それに興味を持って観てみたのですけどねww だがしかし、ビジネスマンが観ることで良い影響を及ぼすドラマじゃないか?とは思います。

飄々しているように見えながらも 実は秋津さんは むっちゃ熱い奴なんじゃないかな?そして、実は周りの面倒見がむっちゃ良い人なんじゃないかな?

そんな秋津さんが、これから どんな活躍をしてくれるのか見守りたく成りました(微笑)

 

それにしても、ドラマとは言え 権力争いって むっちゃ空しいですね。そんな世界で生きて行きたくはないなぁ。やっぱり一人で稼いで生きて行けるように成りたいな とも思いました(微笑)

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

このサイトについて

2016-01-04morocco-横260px

はじめまして。モロッコです。
あなたを元気にさせるエンタメ情報を
発信して行きますね。
よろしくお願いします。
鼻を押していただければw、
『少しだけ変なプロフィール』
に飛びます!

 

『目次』だよ!クリックしてね!…『宝の地図』って何?

特集ページのピックアップ!

放送終了サイドバナー

迷探偵モロッコ サイドバナーのコピー

カテゴリー