あさが来た 第143話 Mの感想 リンゴは、転がるどこまでも。いいや啓介の元に。

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

1.第24週 おばあちゃんの大仕事【今週のおおすじ】

公式サイトからの引用です。

 あさ(波瑠)は、よの(風吹ジュン)からの熱心な頼みもあり、千代(小芝風花)と東柳啓介(工藤阿須加)とのお見合いを実現しようと、東柳家と親しい大隈綾子(松坂慶子)に相談する。

快く協力を約束する綾子。女子大学校設立へ向けた取り組みも正念場を迎える。寄付金集めが難航する中、発起人大会を大々的に行うことで世間の注目を集めようとするあさと成澤(瀬戸康史)。

大いに話題になるも、女子高等教育への世間の反発もより大きくなる。あさは、世間の激しい非難を浴びて落ち込む成澤を叱咤激励する。千代の花嫁姿を見たいと望むよのだが、啓介との縁談は順調には進まない。

新次郎(玉木宏)とよのは、なんとかしようと行動を起こす。一方、和歌山の惣兵衛(柄本佑)は、山を手放すことを考えていたが、藍之助(森下大地)から、みかん栽培を楽にする新たな方法を提案される。

そして、養之助(西畑大吾)は、家族でみかん作りを続けようと言う。日の出女子大学校には予想を遥かに上回る志願者があり、一気に開校に向けて準備が進む。いよいよ創立の日。

あさは、集まった女子学生たちに自らの女子教育への熱い思いを語る。

以上 引用おわり。

2.第24週 第143話 今日の公式なあらすじ+

Yahoo! 番組紹介ページからの引用です。

和歌山では、山を手放そうと言う惣兵衛(柄本佑)に、藍之助(森下大地)がみかん栽培が楽になるアイデアを出し、家族でみかん作りを続けようと言う。

一方、新たな縁談に気乗りのしない千代(小芝風花)。宜(吉岡里帆)は、成澤(瀬戸康史)から女子大学校の1期生として入学して欲しいと言われ、感激する。

体調を崩しがちなよの(風吹ジュン)を心配する千代とあさ(波瑠)の前に、再び啓介(工藤阿須加)が現れ…。

「もしかして もしかして君が、まだ独り身だなんて そんな奇跡はあるだろうか?」と千代に話す。

 

以上 引用と私の補足 おわり。

スポンサーリンク

3.【ネタバレ】第24週 第143話  リンゴは、転がるどこまでも。いいや啓介の元に。

『Mの感想』の『M』は『モロッコ(Morocco)』の『M』です。

 

 

640-116996-[更新済み]

よののために買いに行ったリンゴ。そのリンゴを一つ落としてしまい、そして そのリンゴを拾ったのは啓介でした。そして、先の台詞…

 

「もしかして もしかして君が、まだ独り身だなんて 
 そんな奇跡はあるだろうか?」

 

 

凄いドラマな展開ですね。

あっ! 
ドラマでしたw

啓介役の工藤阿須加さん。どこかで見たと思ったら…

ん? 
工藤阿須加。

 

あっ!!
福岡ソフトバンクホークスの工藤公康監督の息子さんで、『偽装の夫婦』に出ていた工藤阿須加さんだ。

道理で、どこかで見たことあると思った(汗)w

 

それは、さて置いて。

 

 

二人でよのの側に並んで挨拶できて良かったですね。よのも嬉しそうでした。

 

そして、皆から「おおきに」って言って貰えて亡くなるのって凄くありがたいことですね。最期だから、そうなるのかもしれませんが… でも、よのの場合は素直にそう言って貰えたのではと思います。

 

そんな人生を送りたいです。

 

 

そして
なぜ、啓介が再び訪れて千代と一緒になることになったのか?
それは明日の放送に期待ですね。

 

あさが来た!バナーのコピー

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

このサイトについて

2016-01-04morocco-横260px

はじめまして。モロッコです。
あなたを元気にさせるエンタメ情報を
発信して行きますね。
よろしくお願いします。
鼻を押していただければw、
『少しだけ変なプロフィール』
に飛びます!

 

『目次』だよ!クリックしてね!…『宝の地図』って何?

Amazonプライムビデオ

特集ページのピックアップ!

放送終了サイドバナー

迷探偵モロッコ サイドバナーのコピー

カテゴリー