スペシャリスト 第4話 モロッコ感想 ブログ書くのも宅間と同じ!!

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

1.スペシャリスト 第4話 あらすじ

公式サイトからの引用です。

 加瀬信行(山田悠介)というキャバクラのボーイが自宅で刺殺された。部屋の窓ガラスが割られていたことから、臨場した松原唯子(芦名星)、堀川耕平(平岡祐太)らは典型的な居直り強盗と判断。

だが、総合事犯対応係(仮称)の部屋に戻ってきた唯子たちからその話を聞いた宅間善人(草彅剛)は、加瀬の部屋の場所や周辺の環境から「こんな逃げにくいところに空き巣に入るわけがない」と、強盗説を一蹴し、

犯人は初めから殺害目的で加瀬の部屋に侵入したはずだと主張する。

 それなら、と加瀬の交友関係を当たり始めた総合事犯対応係(仮称)のメンバーたち。その中で、宅間はなぜか姉小路千波(南果歩)と我妻真里亜(夏菜)を現場に行くよう仕向ける。

 実は宅間は、ここ数日、千波が元受刑者の矢橋宗一(眞島秀和)という男について調べていたことが気になっていた。さらに「加瀬信行」という名前を聞いたときの千波の反応が、露骨に何かを知っているようだったため、

その理由を問いただすと、千波は衝撃的な事実を明らかにする…!

 

 5年前、京都府警捜査一課に在籍していた千波は、ある工場の事務所から純金を盗んだ容疑で矢橋を逮捕。自供もあり、矢橋はそのまま強盗罪で懲役刑を受け、先月刑期を終えて出所したばかりだった。

矢橋は当時工場の税務を担当していた税理士で、加瀬はその工場で働く工員、しかも事件当夜に宿直していた人物だったのだ!


 千波が関わった事件と今回の殺人事件が意外な接点を見せたことで、宅間らは出所したばかりの矢橋の犯行を疑う。だが、矢橋の更生を信じたい千波は「勝手に決めつけないで!」と、その推測を強く否定。
ひとり矢橋の潜伏先を探し始める。

 一方、宅間たちも矢橋の行方を追う。やがて5年前の工場強盗事件の新たな関係者が浮かび始め…?
 さらに、千波は5年前の事件について真里亜に衝撃的な事実を明かす!

以上 引用おわり。

スポンサーリンク

2.【ネタバレ】スペシャリスト 第4話 感想 ブログ書くのも宅間と同じ!!

宅間は、10年10ヶ月冤罪で刑務所に入っていました。だから、分かるのです。犯罪者の心理が…。

いろいろな犯罪に遭遇したとき、10年10ヶ月間の間に蓄積した犯罪者たちの心理から その捜査に活かせる犯罪を引っ張り出します。今回も何名かの犯罪者たちを思い出し捜査に役立てます。

 

その様子を見て思ったのです。
ブログを書くときと同じだなと。

別に犯罪のブログを書いている訳ではありませんが… この手法はブログを書くときにも役に立ちます。

 

de-tak

そう!
過去のデータと照合するのです。

宅間の場合は、犯罪者の心理ですが… 

ブログの場合は過去の思いや 考えです。テーマに通じる思いや 考えがないか?思い出すのです。その思い出した思いや 考えをブログに織り込んで書いて行くのです。結構 独自だと思うのですが いかがでしょうか?w

 

 

そのときに大切なことは、日頃から意識して物を考えること。
思い切りではなくて、少しだけ。
その思いや考えが 日の目を見てブログに活かされ、独自ブログができて行くのです。

 

これは、ブログを書く上での私の手法の一つです。
他の手法も機会があれば、紹介して行きたいと思います。

 

そんなことを考えながら観てました。…ということでブログにも活かせるドラマ「スペシャリスト」の今後の展開にも期待です。

 

スペシャリスト バナーのコピー

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

このサイトについて

2016-01-04morocco-横260px

はじめまして。モロッコです。
あなたを元気にさせるエンタメ情報を
発信して行きますね。
よろしくお願いします。
鼻を押していただければw、
『少しだけ変なプロフィール』
に飛びます!

 

『目次』だよ!クリックしてね!…『宝の地図』って何?

Amazonプライムビデオ

特集ページのピックアップ!

放送終了サイドバナー

迷探偵モロッコ サイドバナーのコピー

カテゴリー