わたしを離さないで 第3話 感想 ☆負の連鎖は、続くのか?

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

1.わたしを離さないで 第3話 あらすじ

公式サイトより引用しました。

 

 月日は流れ陽光学苑を卒業する年になった恭子(綾瀬はるか)たちは、次の生活の場・コテージに移ることに。
コテージへは学苑から2、3人単位で行けるため、生徒たちはそれぞれ誰と行くかコテージの話題で学苑は持ちきりだった。

他の生徒たちと同様、どこのコテージにするか悩んでいた恭子に花(大西礼芳)は、一緒にいても疲れてしまう美和(水川あさみ)と離れ、自分たちと一緒に来ないかと恭子を誘う…

 

 そんな中、サッカーをしている友彦(三浦春馬)の元に差し入れを持って行った恭子。

コテージの話題になり、どこにするのかと恭子が尋ねると「恭子の決めたところでいい」とこたえる友彦。恭子は戸惑いながらも喜びを覚えるのだった。

 ある日、友彦から将来サッカーのプロチームを受けたいと告白される恭子は、友彦とともに希望を夢見ていた。すると突然堀江龍子(伊藤歩)が現れ、「あなたたちは何者にもなれない」と聞かされる…

以上 引用おわり。

2.【ネタバレ】第3話 感想 ☆負の連鎖は、続くのか?

080860

信じていた龍子先生から突きつけられた残酷な言葉の数々。前回 自分の言葉で子どもたちに夢を見させ、その興味のために外の世界に出て行った二人の子どもたち。

しかし、その所為で その二人は 子どもへの提供を即時 行なわれてしまった。それに責任を感じた龍子先生の精神は、壊れてしまう。そして、その壊れた精神から放たれた言葉で…

子どもたちの夢を打ち砕くのであった。

スポンサーリンク

 

また、外の世界から通う次郎先生に ほのかな恋心を抱いていた美和の恋も終わってしまう。恋に破れた美和。美和の夢も打ち砕かれてしまった。美和は、そのとき 恭子の夢を打ち砕くのであった。

 

しかし、二人は違っていた。
恭子と 友彦は 
自分たちの夢が打ち砕かれても 誰の夢は打ち砕かない。

 

やられたら、やり返す。そうすると少しスッキリする。しかし、相手には苦痛が伝わる。そうすると 負の連鎖は続くのである。

しかし、やられても、やり返さない。そうすると自分が辛くなる。しかし、相手を嫌な気持ちにはしない。そこで 負の連鎖は止まる。非常に辛いときもあるけれども。

観ていて、そんな二人の様に成りたいと思った。

 

3.第3話が観たくなって来た あなたには…

どんな話が気になる。だけど観てない。
もう一度観たくなった。でも、録画してない。

そんなあなた…

安心してください。
公式の見逃し配信が、ありますよw

2016年2月5日(金)21時59分まで観られます。

TBS公式サイト版
⇒2016年1月29日(金)放送分 わたしを離さないで 第3話!

ティーバー版
⇒2016年1月29日(金)放送分 わたしを離さないで 第3話!

 

わたしを離さないで バナーのコピー

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

このサイトについて

2016-01-04morocco-横260px

はじめまして。モロッコです。
あなたを元気にさせるエンタメ情報を
発信して行きますね。
よろしくお願いします。
鼻を押していただければw、
『少しだけ変なプロフィール』
に飛びます!

 

『目次』だよ!クリックしてね!…『宝の地図』って何?

Amazonプライムビデオ

特集ページのピックアップ!

放送終了サイドバナー

迷探偵モロッコ サイドバナーのコピー

カテゴリー