とと姉ちゃん 第7週「常子、ビジネスに挑戦する」今週のあらすじ & Mの妄想予想

この記事は1分で読めます

スポンサーリンク

1.第7週 常子、ビジネスに挑戦する【今週のあらすじ】

公式サイトからの引用です。

昭和11年春。常子(高畑充希)は16歳になり、女学校最高学年となっていた。ほとんどの女学生が卒業を待たずに嫁ぐことが多い中、常子はひとり高給取りの職業婦人になるべく、職探しに没頭する。

そんな折、新しい担任となる東堂チヨ(片桐はいり)と出会う。女性の自立をすすめる東堂は、常子に「青鞜」という一冊の雑誌を渡す。その影響は、将来に悩む鞠子(相楽樹)にも伝播(でんぱ)する。

そこに、叔父・鉄郎(向井理)が現れ……。

以上 引用おわり。

2.第7週 常子、ビジネスに挑戦する モロッコの妄想予想

【ご注意】『…』に続く部分をモロッコが勝手に妄想予想してみます。かなりふざけてますが、どうか 広い心で楽しんでください。

公式サイトからの引用です。

スポンサーリンク

昭和11年春。常子(高畑充希)は16歳になり、女学校最高学年となっていた。ほとんどの女学生が卒業を待たずに嫁ぐことが多い中、常子はひとり高給取りの職業婦人になるべく、職探しに没頭する。

そんな折、新しい担任となる東堂チヨ(片桐はいり)と出会う。女性の自立をすすめる東堂は、常子に「青鞜」という一冊の雑誌を渡す。その影響は、将来に悩む鞠子(相楽樹)にも伝播(でんぱ)する。

そこに、叔父・鉄郎(向井理)が現れ……。

『卵焼き』を売ろうと言い出した。森田屋で秘伝の焼き方を習得していた常子と鞠子の二人ならお手の物だったのだ。森田屋の甘いのと 甘くないの の二つに卵焼きに しょっぱいのを加え、売りにすることに。しかし、そこは鉄郎のビジネス。

全く売れなかった。そして、失敗。しかし、だからこそ更にビジネスに燃える常子であった。

 

以上 引用と私の妄想予想おわり。

 

とと姉ちゃんバナー

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

このサイトについて

2016-01-04morocco-横260px

はじめまして。モロッコです。
あなたを元気にさせるエンタメ情報を
発信して行きますね。
よろしくお願いします。
鼻を押していただければw、
『少しだけ変なプロフィール』
に飛びます!

 

『目次』だよ!クリックしてね!…『宝の地図』って何?

Amazonプライムビデオ

特集ページのピックアップ!

放送終了サイドバナー

迷探偵モロッコ サイドバナーのコピー

カテゴリー