あさが来た 第134話 Mの感想 しゃっちょさんは、健康でないとな。ほんまそれな。

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

1.第23週 大番頭のてのひら【今週のおおすじ と モロッコの妄想予想】

今週のおおすじと その補足部分を妄想予想しました。おおすじは公式ですが… 私の妄想予想部分は、大暴走していますので 心を広く持ってお読みください。
⇒あさが来た 第23週 大番頭のてのひら 今週のあらすじ & Mの妄想予想

2.第23週 第134話 今日の公式なあらすじ+

Yahoo! 番組紹介ページからの引用と、私の補足です。

事故にあった雁助(山内圭哉)を心配し病室に駆けつけた新次郎(玉木宏)たち。そこで雁助の家族が新次郎たちにする話とは…。

借り入れ金の額は2000円。今で言う800万円。しかも雁助が倒れたのをきっかけに資金が回らなくなって借金が増えているのだという

 

残って雁助の様子を見ることになったうめ(友近)は雁助の妻ツネ(松永玲子)とふたりになってしまい…。

ツネは声が聴こえていたら怒られるだろうと言い、顔も怒っているように見えると話す。うめは、励ましてるように見えると話す。

 

次の日、うめは意識の戻らない雁助と二人きりになる。うめは雁助に話しかけているうちに…。

もう二度と会うこともないと思っていたのに、こう会ってみると目を覚まして欲しいと話しかける。

 

そこへあさ(波瑠)が遅れてやってくる。あさは、懸命に雁助の手を握って話しかける。

あさが病院に何でうちが生き返ったのかと訊いた所、新次郎がずっと話しかけてくれていたり、千代が擦ってくれていた所為だと聴いたので雁助の手を握ったのだ。

 

以上 引用と私の補足 おわり。

3.【ネタバレ】第23週 第134話 Mの感想  しゃっちょさんは、健康でないとな。ほんまそれな。

『Mの感想』の『M』は『モロッコ(Morocco)』の『M』です。タイトルが長くなるので省略しました。

 

640-健康281564

『経営するもんが達者で働けるいうのは
 ほんま 大事なことだすな』

スポンサーリンク

とあさは話す。

ほんま それな…である。
若くないのに若者ぶってしまいごめんなさいw

 

新次郎は言う。
『一つ運の悪い事故が起きただけで
 こんなになんもかんも崩れてしまうなんてな』

それは、雁助 一人に皆が頼っていた所為もあるだと思う。

 

そして、雁助の元妻のツネと 雁助を慕っていた うめが二人残されたとき、ツネは雁助の悪いところを言う。
しかし、うめは雁助の良いところを言う。

 

それが大きな違いだ。

うめの凄いところは、一緒に暮らしていたら外からでは分からないこともありますやろなとツネに理解を示していたことだ。凄いなぁ。うめ。

 

一緒に居て、楽しくて もっと一緒に居たいと思えるのは、うめのように良いところを見てくれる人だ。

 

病は気から

…って言葉がある。今回の雁助の事故は病ではないが、毎日 ツネのように嫌なことばかり聴かされていたら、嫌な事故も起こるかもしれないと思った。

 

そして、新次郎は運の悪いことが起こったと言っていたが、しかし 運が悪いだけのことはない。忙しい皆が時間をやりくりして集まってくれたのだ。このことだけについて言えば運が良いことだ。

 

つまりは、それな …である。
またまた 若くないのに若者ぶってしまい ごめんちゃい(死語)w

 

つまりは、こうである。
それは よく書くテーマだが、
物事の良いところを探して見ると道は開けるのである。

 

最後に うめが あさに『何でだす攻撃』を放った。
もう これは明日も観るしかないのである。
ほんま それなである(確信犯)ww

 

あさが来た!バナーのコピー

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

このサイトについて

2016-01-04morocco-横260px

はじめまして。モロッコです。
あなたを元気にさせるエンタメ情報を
発信して行きますね。
よろしくお願いします。
鼻を押していただければw、
『少しだけ変なプロフィール』
に飛びます!

 

『目次』だよ!クリックしてね!…『宝の地図』って何?

Amazonプライムビデオ

特集ページのピックアップ!

放送終了サイドバナー

迷探偵モロッコ サイドバナーのコピー

カテゴリー