真田丸 第9回 Mの感想 卑怯でも何でも、人が死ぬのは少ない方が良い。

この記事は1分で読めます

スポンサーリンク

1.真田丸 第9回  駆 引 【あらすじ】

Yahoo!番組紹介ページからの引用です。

北条・上杉の双方を信濃から撤退させることに成功した昌幸(草刈正雄)は、自らが大名となるべきか、あるいは国衆たちによる独立国家を作るべきか、大きな決断を迫られていた。

いずれにしても、反目する室賀正武(西村雅彦)の協力が不可欠であった。一方、信繁(堺雅人)は、手段を選ばない父への割り切れない思いが消えない。梅(黒木華)の一言をきっかけに、

信繁は誰にも思いもよらない「命を損なわない戦」のための策を練る。

以上 引用おわり。

2.【ネタバレ】第9回 Mの感想  卑怯でも何でも、人が死ぬのは少ない方が良い。

『Mの感想』の『M』は『モロッコ(Morocco)』の『M』です。
タイトルが長くなるので省略しました。

 

タイトル通り 駆け引きに見応えがあった。

上杉も北条を裏切って徳川に付く。
信濃上野を国衆で治めるか?真田が大名となって治めるか?
その中には男女の駆け引きも。

 

その中で、信繁は思い悩む。
春日信達を裏切り暗殺した昌幸を許せなかったのだ。
しかし、信達も信玄公を裏切っている。

武士道精神とか言ってられない。
小国の辛い所である。
しかし、梅の言葉で 信繁は悟った。

 

『大事なのは人の命を損なわないこと』

 

そう!
確かに 昌幸のやり方は、
人の道には外れているのかもしれない。

しかし、大きな戦をせずに済んだのである。
その観点で見れば、本当に秀逸なやり方だ。
梅は、そのことに気付いたのだ。

スポンサーリンク

 

640-鬼退治禁止280950

 

そして、さらに素晴らしいのは、それを聴いて信繁が

『命を損なわない戦』を見つけたことである。
それを昌幸に進言して皆を納得させた。

 

その作戦は、見事成功し 北条に一泡吹かせることができた。
めでたし。めでたし

 

…とはならないのが戦国時代だ。
まさに『駆 引』


主な出来事は同じだが、その脚本家や 演出家の
描き方で全く見え方が違ってくると思う。

今回の『真田丸』の描き方
私は結構好きだ。いや大好きだ。今のところw

 

 

ところで、信幸が『だまれ こわっぱ!』って言われるシーンで
ついつい笑ってしまう。次回もあるのかな?
非常に楽しみだ。

真田丸 バナーのコピー

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

このサイトについて

2016-01-04morocco-横260px

はじめまして。モロッコです。
あなたを元気にさせるエンタメ情報を
発信して行きますね。
よろしくお願いします。
鼻を押していただければw、
『少しだけ変なプロフィール』
に飛びます!

 

『目次』だよ!クリックしてね!…『宝の地図』って何?

Amazonプライムビデオ

特集ページのピックアップ!

放送終了サイドバナー

迷探偵モロッコ サイドバナーのコピー

カテゴリー