家族ノカタチ 第7話 Mの感想 人は一人ではなく、人に揉まれて人は進化する。

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

1.家族ノカタチ 第7話 あらすじ

公式サイトからの引用です。

 ある日の朝、大介(香取慎吾)と葉菜子(上野樹里)の前に突然現れた恵(水野美紀)は、息子の浩太(髙田彪我)をタクシーに乗せて走り去ってしまう。大介は慌ててすぐさま陽三(西田敏行)に報告するが、陽三は特に動揺したそぶりも見せない。

そんな陽三の様子から、恵と連絡を取っていたことを悟る大介が問い詰めるが、さっさと仕事に行ってこいと陽三は聞く耳を持たない。大介はますます、陽三が結婚詐欺に遭っているのではと心配するが…。

 

 一方、葉菜子の会社では、注文していたコーヒー豆と別のものが取引先に届くというトラブルが発生。国内の倉庫の問題か? はたまた荷を送った現地の問題か? 取引先への謝罪ほか、原因究明のために場合によっては、

葉菜子がインドネシアへ向かわなければならないというが、翌日には大事なプレゼンが控えていた。

以上 引用おわり。

2.【ネタバレ】家族ノカタチ 第7話 Mの感想  人は一人ではなく、人に揉まれて人は進化する。

『Mの感想』の『M』は『モロッコ(Morocco)』の『M』です。
タイトルが長くなるので省略しました。

 

自転車と秋の空

陽三も騙されているのか?と思いましたが、そうではなくて安心しました。もっとちゃんと説明すればいいのに。いや、丁寧にする方だとドラマにならないから仕方ないですねw

スポンサーリンク

意外に頑張り屋さんだった恵。いい加減な女性なのかと思っていた私を許して欲しいですw

 

そして、「友だちを作っても無駄。いつか どっかに行かないといけないから」と言っていた浩太が、「無駄なんてないよ。ねっ…」と言うようになって友だちを作り出したのも安心しました。

 

葉菜子の元夫の和弥も 中々 良い人ですよね。先ず無いかもしれませんが、よりを戻すのもいいのではないかなとも思いました。まあ それは無いでしょうけど。

 

陽三さんの咳。気になっていたのですが… やはり(汗) 次回でその謎が分かりそうですが、次回予告で まもなく死ぬとか言われていたような(涙) 長生きして欲しいのですが…。

 

葉菜子。クレーマーなだけでなく仕事の鬼だったのですね。どちらも真面目だからこそ できることなのかもしれません。ただ、身体を壊すまで頑張るのでブレーキ役になる良い旦那様が居たほうがいいかもですね。

 

今回も 色々な人間模様が展開されました。

 

そして人嫌いで一人で生きて行きたいとずっと思っていた大介。いろんな人と接していく中で、どんどん進化して行ってますね。試験を受ける恵に浩太からのプレゼントを渡すとか… やさしい奴です。

この涙脆いモロッコおっさんを泣かせます(涙)w

 

これからも更に進化していく大介を見守って行きましょう!

 

家族ノカタチ バナーのコピー

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

このサイトについて

2016-01-04morocco-横260px

はじめまして。モロッコです。
あなたを元気にさせるエンタメ情報を
発信して行きますね。
よろしくお願いします。
鼻を押していただければw、
『少しだけ変なプロフィール』
に飛びます!

 

『目次』だよ!クリックしてね!…『宝の地図』って何?

Amazonプライムビデオ

特集ページのピックアップ!

放送終了サイドバナー

迷探偵モロッコ サイドバナーのコピー

カテゴリー