わたしを離さないで 第4話 モロッコ感想 残酷なことは既に行なわれている。

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

1.わたしを離さないで 第4話 あらすじ

公式サイトより引用しました。

学苑を卒業し、「コテージ」と呼ばれる一軒家に生活の場を移した恭子(綾瀬はるか)、友彦(三浦春馬)、美和(水川あさみ)の3人。

自分たちと同じく“提供者”となる浩介(井上芳雄)や、あぐり(白羽ゆり)ら先輩住人たちと共同生活を送るなかで、陽光出身者には知らされていなかったある事実を知らされる。

そんな共同生活でうまく馴染むことができず、徐々に孤立していく恭子…

さらに友彦と美和の生々しい関係を目の当たりにしたことで、どんどん殻に閉じこもっていたある日、別のコテージで生活する真実(中井ノエミ)から手紙で誘いを受け、会いに行く決心をする…

以上 引用おわり。

2.【ネタバレ】第4話 感想 残酷なことは既に行なわれている。

恭子から友彦を奪っておいて恭子にも離れて欲しくない美和。


しかし、美和と離れた場所に行くことを選択しなかった恭子。

 

恭子が話したいと言ったのに、新しい場所なんだから
新しい友達を作りなよと言った友彦。

 

提供までの自由な時間を本当の自由な人生を
送れるようにするための運動に捧げる真美。

 

 

残酷な悲しいドラマである。
人間を救うために臓器提供のためだけに生かさせている人間が居る。
そんな世界。

そんな残酷な世界だから この四人はこんな行動に成ってしまったのだろう。

だけど
本当に ドラマだけなのだろうか?

 

そして、ここで考える。
人間の命が一番 尊いのかと…。
もう すでに世界では似たようなことが行われている。

 

そう!
それは家畜の存在だ。
人間なら残酷でも、人間でないのなら良いのか?

 

自分は、そんなことを考えながら観ていた。
そして、全世界の家畜を私が全て解き放つことなんて不可能だ。
いや、自分の家の近くの家畜さえ自由にさせてあげることもできない。

スポンサーリンク

katikusantati

何ができる?
今の自分に。

 

一つ 確実にできることがある。
それは、自分を生かすために犠牲になってくれた好き物たちを
残さず食べることだ。

 

ごめんなさい。
ありがとうございます。
と思いながら。

 

 

残酷な世界なんだけど
辛い悲しいだけの世界でもない。
不思議な世界。

原作の映画版のDVDを観たが…
そのテイストは変わっていなかった。

そして、今は 原作の小説を読んでいる。
その魅力を探るために。

 

3.第4話が観たくなって来た あなたには…

どんな話が気になる。だけど観てない。
もう一度観たくなった。でも、録画してない。

そんなあなた…

安心してください。
公式の見逃し配信が、ありますよw

2016年2月12日(金)21時59分まで観られます。

TBS公式サイト版
⇒2016年2月5日(金)放送分 わたしを離さないで 第4話!

ティーバー版
⇒2016年2月5日(金)放送分 わたしを離さないで 第4話!

わたしを離さないで バナーのコピー

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

このサイトについて

2016-01-04morocco-横260px

はじめまして。モロッコです。
あなたを元気にさせるエンタメ情報を
発信して行きますね。
よろしくお願いします。
鼻を押していただければw、
『少しだけ変なプロフィール』
に飛びます!

 

『目次』だよ!クリックしてね!…『宝の地図』って何?

Amazonプライムビデオ

特集ページのピックアップ!

放送終了サイドバナー

迷探偵モロッコ サイドバナーのコピー

カテゴリー