お義父さんと呼ばせて 第4話 モロッコ感想 年を経て得ることができる魅力。

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

1.お義父さんと呼ばせて 第4話 【あらすじ】

公式サイトからの引用です。

もうすぐバレンタインデー。今度こそ美蘭蓮佛美沙子)奪還を心に誓う紀一郎渡部篤郎)は、美蘭に想いを寄せる砂清水山崎育三郎)を利用し、ある計画を進めることに。

程なくして、仕事の話という名目で、呼び出された遠藤憲一)。しかし、そこに現れたのは砂清水で、を見るやいなや「美蘭ちゃんの元カレです!」と自己紹介し挑戦的な目つきでを見つめる。

さらに、なぜかその場に美蘭まで呼び出して……。

 

美蘭は、何日も徹夜して、の上司から発注された新たなシステム作りに取り組んでいた。しかし、仕上がりに文句をつけられたうえ、理不尽な扱いまで受け、怒り心頭。

両者の間に入り、何とか丸く収めようとするの言葉も耳に入らない。それどころか、自分の味方をしてくれないに反発し、2人の関係はギクシャクしてしまう。

そんななか、偶然、相手に100%非があるにも関わらず、自分がミスしたかのように土下座して謝るの姿を目撃した美蘭の部下は「保身のために情けない」と嘆き複雑な気分に。

翌日、美蘭から「バレンタインデーは外で食事をしよう」と誘われるが、同じ頃、紀一郎はすでに次の手を考えていて……。

以上 引用おわり。

2.【ネタバレ】お義父さんと呼ばせて 第4話 感想 年を経て得ることができる魅力。

若いときには若いときの魅力がある。強いものに立ち向かう反骨精神とか。しかし、歳を取ったら取ったで魅力がある。それが、よく分かる回であった。それは正反対に見えてきた紀一郎と保でも同じである。

自分が土下座して丸く治まるのなら、自分のプライドとか何が正しいとか置いておいて誠心誠意謝る。その対応は、中々若いときには出来ない。そして、お相手様の顔をつぶさないように振舞う。

その気遣いも中々若いときにはできない。

スポンサーリンク

 

今まで、若い人に対抗するには、何があるかなと思っていた。経験があるとぼんやりと考えていたが… それが本当に良く分かる回であった。それは、美蘭が言っていた『強い人に言いなり』と言うのとは違う。

言いなりって言うより、言われる前に謝るのだ。

そうすると、お相手様は、逆に申し訳なくなる。その積み重ねがお互いに信頼関係を作る。その考え方が自然にできるようになるには、社会の荒波にもまれる必要があるのだ。それがいろいろな経験からできるようになるのが…

大人なのだ。

 

若さは素晴らしい。凄いパワーもある。何でも変えようとするパワーもある。

しかし、歳を取った者も素晴らしい。

お互いの素晴らしさを少しでも理解できたら、お互いに高め合うことができるんだなと感じた。

上司と部下

 

保と美蘭のように。

 

ドラマでこんなことを考えることができるなんて、これはただのコメディーではないな!
これからも楽しみだ。

3.第4話を観たくなって来たあなたには

どんな話が気になる。だけど観てない。
もう一度観たくなった。でも、録画してない。

そんなあなた…

安心してください。
公式の見逃し配信が、ありますよw

2016年2月16日(火)20時59分まで

民放五局の番組配信サービス『ティーバー』で観られます。
⇒お義父さんと呼ばせて #4『お義父さん、大人の魅力ってなんですか?』2月9日(火)放送分

 

お義父さんと呼ばせて バナーのコピー

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

このサイトについて

2016-01-04morocco-横260px

はじめまして。モロッコです。
あなたを元気にさせるエンタメ情報を
発信して行きますね。
よろしくお願いします。
鼻を押していただければw、
『少しだけ変なプロフィール』
に飛びます!

 

『目次』だよ!クリックしてね!…『宝の地図』って何?

Amazonプライムビデオ

特集ページのピックアップ!

放送終了サイドバナー

迷探偵モロッコ サイドバナーのコピー

カテゴリー