ピース又吉さんの『火花』ってこんな小説です!【 ネタバレあるかも】

この記事は4分で読めます

スポンサーリンク

1.1人の芸人が書いた純文学作品が

1人の芸人が書いた純文学作品が、話題を呼んでいます。
その作品とは、お笑いコンビ「ピース」の又吉直樹さんが芸人の世界を描いた小説『火花』。

掲載された雑誌「文學界」2月号は異例の大増刷に成りました。
続く3月に単行本として出版されると50万部突破のベストセラー
に成りました。

その後『火花』は芥川賞候補に成りました。
結果は、7月16日に出ます。どうなるか?
は私には全く分かりませんが…

ちょっとこの波に乗って話題の『火花』が、どんな小説なのか?
まだ全く読んでいない このモロッコがネットの自慢の検索力で
探ってみたいと思います。

又吉直樹

…という訳で、先ずは『火花』のあらすじを調べてみます。

2.ネットで調べた小説『火花』のあらすじ は、

 

「僕」は熱海の花火大会での営業のあと、
飲みに誘ってくれた神谷と師弟関係を結ぶ。同世代の芸人が
次々と売れていくなかで、僕も神谷もなかなか芽が出なかった。

しかし「僕」はその後、深夜番組に出るなど少しは売れ始めた。
対する神谷は売れないまま、同棲していた女性に恋人ができたため
女性の家を追い出される。

一方「僕」は、神谷を漫才で笑わせることばかり考えていたが、
神谷は笑ってくれなかった。

その後、神谷は借金を抱え、行方をくらましてしまった。
「僕」もその後、仕事が徐々に減っていった。
漫才の相方の彼女のお腹には赤ちゃんができ、相方はその彼女との
結婚を決意する。

それを機に10年続いた漫才コンビを解散し、芸人を辞める決意をした。
「僕」は神谷と1年ぶりに再会する。
神谷は、笑いを追及し過ぎた果てに、衝撃的な姿で現れた……。

果たして、その衝撃的な姿とは…いったい…。

10965944

 

興味が沸いてくるあらすじですね。

次にTwitterで『火花』の感想を調べてみます。

3.Teitterから導かれた小説『火花』の感想

ネットで話題の本の内容や感想が家に居ながらにして
瞬時に分かるなんて便利な世の中に成ったものだw

 

◎愛読書にしよう。


    ◎熱海から始まる物語も持ってきた!

 

◎とにかく読んでみたら良いと思います。


    ◎ハードカバーは止めようと思ったのに

 

◎「芸人が書いた」という予備知識を軽々と超えた。


    ◎又吉さんが放つ独自の雰囲気を知っているからこそ、  この作品が生きている気がしました。

スポンサーリンク

 

◎花火のシーンの「これが人間やで」が好き。


    ◎ダークで太宰的な小説かと思っていたが、  ふつうに良い話だったという…。

 

◎朝から良い天気で,空がきれいでした。


    ◎2015年上半期の文学界最大の話題といって良いだろう。

 

◎芥川を継いでるというけどアドラーのような個と協調と共感。


    ◎真摯な著者を感じる。

 

◎なんとも言えない感じ。星2つかな?


    ◎NOT専業作家ということを忘れるくらい筆致が達者で、夢中になって読ませる文章。

 

良い意見も 悪い意見も 集めてみました。
何か読んでいて面白いものを自分が味わっていないのは
癪なので…

5.楽天ブックスで早速、注文してみました!

何故か送料無料で534円でしたが… 
在庫が取り寄せらしく

また長く取り寄せられないときはキャンセルに成るそうです。

いつ届くか若干不安を感じつつではありますが…
届いたら読んでみて
稼げる気付きをプラスした感想をアップしますねw

どんな感想に成るのか? 乞う ご期待!!!

10965943

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

このサイトについて

2016-01-04morocco-横260px

はじめまして。モロッコです。
あなたを元気にさせるエンタメ情報を
発信して行きますね。
よろしくお願いします。
鼻を押していただければw、
『少しだけ変なプロフィール』
に飛びます!

 

『目次』だよ!クリックしてね!…『宝の地図』って何?

Amazonプライムビデオ

特集ページのピックアップ!

放送終了サイドバナー

迷探偵モロッコ サイドバナーのコピー

カテゴリー