とと姉ちゃん 第44話 感想M 当時の文字の入力方法とこれから先の入力方法予想

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

1.第8週 「常子、職業婦人になる」 今週のおおすじ&妄想予想

今週のおおすじと その補足部分を妄想予想しました。おおすじは公式ですが… 私の妄想予想部分は、大暴走していますので 万が一 読まれるときは、心を広く持ってお読みください。
⇒とと姉ちゃん 第8週「常子、職業婦人になる」今週のあらすじ & Mの妄想予想

2.第8週 第44話 今日の公式なあらすじ+1

Yahoo! 番組紹介ページからの引用と私の補足です。

滝子(大地真央)のおかげで、危機を脱した常子(高畑充希)たち。だが、改良したチューブ入り歯磨きが突然爆発し始め、事業は失敗に終わる。

一方、鞠子(相楽樹)は勇気を振り絞り、君子(木村多江)に大学に進学したいと打ち明ける。人が喜ぶことにやりがいを覚えた常子は、経済的な理由で反対する君子を説得し、自分が就職して鞠子を支えると誓う。

少しでも高給取りになるため、常子は急きょ、タイピストを目指すことになる。

自分の生き方は、自分で選んで欲しいと常子を守って家を皆と出た君子。しかし、その君子ですら 鞠子が最初に大学に行かせて欲しいと言ったとき、反対したのです。それほど、当時 大学に行くにはお金がかかってのでしょうね。

果たして、常子は鞠子を大学に行かせるほど稼げるのでしょうか? それが今後の見所の一つですね。

 

以上 引用と 私の補足おわり。

スポンサーリンク

3.【ネタバレ】第8週 第44話 感想M  当時の文字の入力方法とこれから先の入力方法予想

『感想M』の『M』は『モロッコ(Morocco)』の『M』です。

 

職業婦人

鞠子を大学に行かせるために男性にも負けないほど稼ぐ職業婦人に成ると決めた常子。そして、行き着いた職業が、タイピストでした。それも和文のタイピスト。

その当時の和文タイプライターは、2273文字の平仮名、カタカナ、漢字などの配列を覚え、早く正確に打たないといけなかったようですね。今なら、パソコンのキーボードで打って文章が完成したらプリントアウトしますが…

当時は、一文字一文字 文字を打って 感熱紙に転写していたようですね。そして、それは同時に六枚の紙に転写する形なので 最大6人分しか文章を用意できないのですね。何回も同じ文章を打たないといけなかったのかな?

そんなことを思いながら観てました。考えると、この文章を打つ方法も随分 進化しましたよね。かなり、自由に文章を 比較的楽に打てますよね。そして、近い将来 キーボードで打たなくても思っただけで

文章が打てる日も来るのでしょうね。そうなると、更に楽になりますが、キーボードを打つ楽しみが無くなるのは悲しいかもしれませんね。楽になることで楽しみが減ることもあるのかもなぁとか思ってしまいました。

これから先、文字を入力する環境は、どうなって行くのでしょうか?

 

とと姉ちゃんのこれからも楽しみですが、文字を入力する方法の進化も楽しみですね。
明日もまた 観よう!

 

とと姉ちゃんバナー

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

このサイトについて

2016-01-04morocco-横260px

はじめまして。モロッコです。
あなたを元気にさせるエンタメ情報を
発信して行きますね。
よろしくお願いします。
鼻を押していただければw、
『少しだけ変なプロフィール』
に飛びます!

 

『目次』だよ!クリックしてね!…『宝の地図』って何?

Amazonプライムビデオ

特集ページのピックアップ!

放送終了サイドバナー

迷探偵モロッコ サイドバナーのコピー

カテゴリー