家族ノカタチ 第6話 Mの感想 成長していく登場人物たちに置いて行かれるな!

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

1.家族ノカタチ 第6話 あらすじ

公式サイトからの引用です。

 大介(香取慎吾)は、葉菜子(上野樹里)と和弥(田中圭)が離婚した原因を、葉菜子から打ち明けられる。突然の衝撃的な告白に動揺を隠せない大介は、葉菜子をどう接すれば良いのかわからず、

ついよそよそしく距離を取ってしまう。そんな大介を見ていた葉菜子は、ジムの帰りに大介を呼び止めた。果たして、葉菜子は大介に何を話すのか?

そんな大介と葉菜子の空気感をよそに、莉奈(水原希子)は大介への積極的なアプローチを増すばかりだ…。

 

 そんなある日、とあるお見合いパーティーへ参加した佐々木(荒川良々)は、見事にカップル成立! そのカップルとなった相手・久美(小松彩夏)とどんなデートをすればよいか大介へ相談するが、

大介の態度はつれない。しかし、その数日後、陽三(西田敏行)のアドバイスもあってか、デートも無事に上手くいき、ペンナのオフィスでプリクラを見せびらかしてた。

そんな佐々木の姿を見た入江(千葉雄大)は、相手が美人で若すぎるし話がうますぎると心配をする。それは、単なる入江の思い過ごしだろうか……?

以上 引用おわり。

2.【ネタバレ】家族ノカタチ 第6話 Mの感想  成長していく登場人物たちに置いて行かれるな!

人嫌いの大介。しかし、それが人との交流で変わって来ている。
人を信じられない葉菜子。しかし、それが大介との交流で変わって来ている。

そんな二人と その仲間たちを見守るのが楽しい。

 

大介が「なんで自分はやさしくないのに話すんだ」と言ったとき
浩太は「やさしい。 大介さん やさしい。」と答える。
その言葉に おじさんこと 私 モロッコは嬉しくなった。

スポンサーリンク

それは、浩太が大介にやさしくして貰って感じたことだろう。どれだけ浩太も嬉しかったことだろう。それを思うと つい…w

 

そして、前回 思い掛けずに葉菜子から離婚の重い理由を聴いた大介。元カノの美佳に足りないのは覚悟だと指摘され、覚悟を決めた。それで言うことができた言葉…

「しんどくなったら また 俺に言え」

 

 

『人との距離は難しい
 近くもなれば  遠くもなって
 一体 どれが正しいか分からない』

本当にそうだ。でも、人を避けていれば、余計 距離感が分からなくなる。そこは覚悟を決めて人と接するべきだ。そうすれば徐々に分かってくる筈だ。

 

このドラマで どんどん登場人物は成長している。その皆と一緒に自分も少しずつ成長して行きたい。

 

最後の最後で急展開。
親父だまされていたのか?
次回も見逃せないww

 

ところで
葉菜子と大介が引っ付いて欲しいって気持ちと
葉菜子と和弥が引っ付いて欲しいって気持ちがある。

順当に行くなら大介だろうけど。
でも、和弥もいい奴だから幸せに成って欲しい。

 

家族ノカタチ バナーのコピー

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

このサイトについて

2016-01-04morocco-横260px

はじめまして。モロッコです。
あなたを元気にさせるエンタメ情報を
発信して行きますね。
よろしくお願いします。
鼻を押していただければw、
『少しだけ変なプロフィール』
に飛びます!

 

『目次』だよ!クリックしてね!…『宝の地図』って何?

Amazonプライムビデオ

特集ページのピックアップ!

放送終了サイドバナー

迷探偵モロッコ サイドバナーのコピー

カテゴリー