あさが来た 第115話 モロッコ感想 もしもじゃなく本当に酷い世界だった。それを忘れている。

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

1.第20週 今、話したい事【今週のおおすじ】

公式サイトからの引用です。

 あさ(波瑠)は、成澤(瀬戸康史)の書いた女子教育についてまとめた文章を読み、深く感動していた。成澤は、あさに日本初の女子の大学校設立ついて熱弁をふるう。

興味を持ったあさは、粗末な着物姿の成澤に新しい服を用意し、女子教育について理解を得る活動をするように勧める。あさは、大学設立のための寄付金集めを行っていく。

 

しかし、寄付金集めは難航。すると、あさはアドバイスを得るため大学を設立した経験を持つ大隈重信(高橋英樹)のいる東京へ向かう。

大隈邸を訪れたあさは、妻の綾子(松坂慶子)に案内され重信の前に通される。そして、威勢よく女子の大学校の設立の必要性を説く。聞いていた大隈重信は…。

 

あさが大阪に戻ってみると、新次郎(玉木宏)や榮三郎(桐山照史)が困った顔をして待っていた。そして、あさの身に大きな事件が起こる。

意識を失い病院に運び込まれたあさを新次郎や娘の千代(小芝風花)が心配して見守る。

 

そして、和歌山のはつ(宮﨑あおい)のもとに届いた電報には「アサキトク」の文字が…。深夜の病院で新次郎が涙ながらにあさに話しかけると、そのときあさが…。

以上 引用おわり。

2.第20週 第115話 今日の公式なあらすじ

Yahoo! 番組紹介ページからの引用です。

あさ(波瑠)は、女子の大学校をつくるために活動する成澤(瀬戸康史)の書いた女子教育についての文章を読み深く感動していた。あさは成澤と話し合うために探すが、なかなか見つからない。

あさは、成澤の考えていることのすばらしさを新次郎(玉木宏)に話し、成澤探しをお願いする。

 

一方、京都では、卒業後どうするか迷っている千代(小芝風花)と宜(吉岡里帆)が話しあっていると…。

 

宜が読んでいた あさの本には次の様に書かれていた。
子どもの千代が生まれるときは炭鉱を離れていた。そのために炭鉱が手薄になって事故が起こってしまったのかもしれない。私の責任だ と。そのことを知って、言葉を詰まらせる千代であった。

 

以上 引用おわり。

スポンサーリンク

3.【ネタバレ】第20週 第115話 モロッコ感想  もしもじゃなく本当に酷い世界だった。それを忘れている。

今は、男女の差は、ほとんど無い世の中です。男性より優れた仕事をなさる方も沢山おられます。中には、差別されていたことを知らずに逆に差別する方もおられる位です。皮肉なものですが…。

そして女子の学校なんてものも普通にあります。しかし、あさの活躍していた当時には無かったのです。その様子を覗いていると まるで「ドラえもん」の世界で「もしもボックス」を使っているような感覚を覚えました。

「もしもボックス」とは、今は少なくなった公衆電話みたいなボックスに入って「もしも」の世界について話すと、その条件の世界になるという秘密道具です。

もしも風ボックス119341

そんなもしもの世界にならないと分からない位 今は女子の学校があるなんて当たり前です。でも、忘れていました。それは、普通ではなかったことに。

そして、あさをはじめ 様々な方々のお陰で今があるということを。

 

世間の人は、今を守るので必死で、目新しいものから目をそむける。そして、やっかみも出てくる。

そのようなことを新次郎は話していました。そんな世の中を変えようと全力で動いた あさ。あさに掛かる負担は相当なものだったのでしょう。その所為で倒れてしまったのかもしれません。

 

悲しい結末になるのか?わかりませんが…見守って行きたいと思います。大変な努力のお陰で今があるのだと意識しながら。

 

あさが来た!バナーのコピー

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

このサイトについて

2016-01-04morocco-横260px

はじめまして。モロッコです。
あなたを元気にさせるエンタメ情報を
発信して行きますね。
よろしくお願いします。
鼻を押していただければw、
『少しだけ変なプロフィール』
に飛びます!

 

『目次』だよ!クリックしてね!…『宝の地図』って何?

Amazonプライムビデオ

特集ページのピックアップ!

放送終了サイドバナー

迷探偵モロッコ サイドバナーのコピー

カテゴリー