あさが来た 第135話 Mの感想 されたら返す!リベンジの原理かな?w これを使おう!

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

1.第23週 大番頭のてのひら【今週のおおすじ と モロッコの妄想予想】

今週のおおすじと その補足部分を妄想予想しました。おおすじは公式ですが… 私の妄想予想部分は、大暴走していますので 心を広く持ってお読みください。
⇒あさが来た 第23週 大番頭のてのひら 今週のあらすじ & Mの妄想予想

2.第23週 第135話 今日の公式なあらすじ+

Yahoo! 番組紹介ページからの引用と、私の補足です。

意識を失っている雁助(山内圭哉)の手を握るあさ(波瑠)とうめ(友近)。すると…。

雁助の目が開いて、意識を取り戻した。

 

そして、加野銀行では、榮三郎(桐山照史)が、生命保険を新しい事業としてはじめたいと提案する。それは、雁助の病院を訪れた時に思ったのだった。賛成するあさと新次郎(玉木宏)。

一方、和歌山のはつ(宮崎あおい)の家では、次男の養之助(西畑大吾)の結婚が決まる。はつと惣兵衛(柄本佑)たちは喜びに包まれる。

以上 引用と私の補足おわり。

3.【ネタバレ】第23週 第135話 Mの感想  されたら返す!リベンジの原理かな?w これを使おう!

『Mの感想』の『M』は『モロッコ(Morocco)』の『M』です。タイトルが長くなるので省略しました。

 

プレゼント382582

その後の番組の『あさイチ』の感想でも言われてたのですが、私も うめの視点でしか観られませんでした。うめ のラブは、やはり実らないのでしょうか?

うめ の何でだす攻撃は、「世の奥様は、なんで夫のことを悪く言うのだす?」というものでした。その中には自慢も含まれているのかもしれないとの見解でしたが…

 

ほんま 何でだす? …ですよね。

 

そして、それなら 私は もう一つ 思い付きましたよ。 

 

そして、何でだす?
何で 日本の夫は、奥様に毎日 大好きって伝えないのだす?

 

私は例外みたいで毎日全力で彼女に伝えていますが…w
それは、モテない君だからです。いつか彼女ができたら全力で伝えようと誓っていたからです。

スポンサーリンク

それに素直な思いの大好きを伝え続けると更に女性はかわいく綺麗に成られるのに勿体無いですよね。だから全力で毎日 伝え続けます。

私が、そう思っているだけで 世の男性は、付き合っている女性に毎日 大好きを伝えておられるかもしれませんが… そうでないとしたら その理由はなんでしょうか?

 

そもそも日本人に 大好きだと愛情表現をするのは、馴染みがないのかもしれませんね。

 

もしかしたら、悲しいことですがお相手様のことが 素直に大好きでないのかもしれませんね。

 

日本の男性は、言わなくても分かるだろ!…って思っておられる方が多いからかもしれませんね。女性は言って貰うのが嬉しい方が多いのに。

 

長年 結婚生活を続けておられる男性だと、もう大好きって感情を忘れておられるのかもしれませんね(汗)w

 

 

でも、それをやりやすくしてするのに有効なことを 
今日の回を観ていて思いつきました。

 

それは、奥様の方から愛情を伝えることです。
それがやりにくいときは、旦那様のことを さり気なく 褒めてあげて欲しいです。そうすれば、伝えたくなりますから。

 

それは、心理学的にも証明されています。

返報性(へんぽうせい)の原理と言います。


返報性の原理とは…

人は他人から何らかの施しを受けた場合に、お返しをしなければならないという感情を抱くが、こうした心理のことです。
⇒返報性の原理 wiki

 

よろしければ、試してみてください。

 

僕も、やっていますが… 成果出てるかな?
いいや。言い過ぎて逆に「キモい」言われてるなぁ(涙)

 

あかんがなっ!

いやいや。照れてるだけやんなぁ。
そう 信じとこう。その方が幸せやからww

 

あさが来た!バナーのコピー

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

このサイトについて

2016-01-04morocco-横260px

はじめまして。モロッコです。
あなたを元気にさせるエンタメ情報を
発信して行きますね。
よろしくお願いします。
鼻を押していただければw、
『少しだけ変なプロフィール』
に飛びます!

 

『目次』だよ!クリックしてね!…『宝の地図』って何?

Amazonプライムビデオ

特集ページのピックアップ!

放送終了サイドバナー

迷探偵モロッコ サイドバナーのコピー

カテゴリー