二千円だった『えんとう町のプペル』が無料になったので読んでみた件

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

1.キングコングの西野さんは、好きじゃなかった

何か調子のってるような気がして。私は あまり、好きじゃなかったのです。ここに遊びに来て下さって西野さんファンの方が居られたら申し訳ありません。

しかし、西野さんが作られた絵本『えんとつ町のプペル』が無料でネット公開されることに成ったというニュースを知って読んでみたく成ったのです。

絵本だから、見てみたく成ったと書くべきでしょうか。

2.そもそも何で二千円が無料になったのか?

それは、「2000円は高い。自分で買えない」という小学生の声からだったようです。

見せたい自分と 見たい人が居るのに お金が無い所為で見せられないなんて糞ダセー!…なんて思われたそうで、いろいろな問題を解決して 

それを無料公開して見て貰えるようにされたそうです。

二千円が、無料に成った理由を自分なりにまとめて 分かりやすく書こうと思ったのですが… 申し訳ありません。諦めました。

何故なら、西野さんの公式ブログに本人の考えが、しっかりと書かれているので それを見た方が誤解が少なく、良いと思ったからです。

なので、西野さんの公式ブログの理由を書かれた投稿は、
こちら⇒お金の奴隷解放宣言。

3.無料にすることで起きるかもしれない弊害

無料で見せて頂けるのは、非常にありがたいのですが… 私も見れましたし… しかし、気に成ることもあるので、それを書いてみようと思います。

 

先ず、「2000円は高い。自分で買えない」といった小学生の願いは叶ったのですが… この小学生は無料が当たり前に成ってしまわないのか?ちゃんと凄いことだと認識して貰えるのか?

それが大きなお世話かもしれませんが… 気に成りました。これには保護者さんのフォローもあると良いかもしれませんね。

 

まあ、元々が ネットには有難いけど、危険でもあることに 無料の情報が多いのも問題なのです。

特にネットビジネスで集客のきっかけとして、最初に無料で有料級の情報を配るのが多いことも問題の一つかもしれません。

スポンサーリンク

いや、有難いことでもあるのですが…。これが蔓延しているために無料で当たり前って雰囲気に成ってしまっている気もします。無料で配って宣伝して

最後に 情報商材や 塾や コンサルを売ることがネットビジネスの王道として 多いのですが… このときに それすらも無料にしてくれないのか?!と訴えられる方も居られるようです。

ビジネスなので全て無料にするなんて通常はありえないので、そこまで行くとおかしいことなのですが… 最初に無料で配った方の説明の仕方にも 

何らかの落ち度があったのかもしれないとも思うのです。

私は それが、ネットビジネス関連のものだけでなく、他にも そんな考えの方が増えると不味いなと勝手に危惧しているのです。

それと同じようなことが絵本の世界でも起きてしまわないか?少し心配です。

 

 

次に、クリエイティブな仕事も無料でいいだろっていう風潮に成らないか?の心配があります。

昔、アンパンマンの やなさたかしさんが、地方自治体などから無償で仕事を依頼されていたことがあるそうです。やなせさんは、良い人だったので喜んでなさっておられたそうですが…

大体 無料で依頼される方がおかしいですよね。仮に報酬を断られたとしても ちゃんと払うべきですよね。そんな甘えが起きる可能性がありますよね。

先に上げた西野さんの公式ブログで、西野さんも書かれているのですが…

…てなワケで俺は無料にするけど、その代わり他のクリエイターに「西野はタダにしたんだからおまえもしろ」なんて絶対言っちゃダメよ。

西野さんの公式ブログより引用)

 

そんな方が現れないといいなぁと思うのです。

そんなことを考えながら、先ずは見てみることにしました。

 

 

そして、
長く成ったので続きます。
無料になった『えんとう町のプペル』を応援してみる!

 

 

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

このサイトについて

2016-01-04morocco-横260px

はじめまして。モロッコです。
あなたを元気にさせるエンタメ情報を
発信して行きますね。
よろしくお願いします。
鼻を押していただければw、
『少しだけ変なプロフィール』
に飛びます!

 

『目次』だよ!クリックしてね!…『宝の地図』って何?

Amazonプライムビデオ

特集ページのピックアップ!

放送終了サイドバナー

迷探偵モロッコ サイドバナーのコピー

カテゴリー