あさが来た 第97話 感想 ☆二人の子どもたちも 見所です!

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

1.第17週 最後のご奉公【今週のおおすじ】

以下は、公式サイトからの引用です。

和歌山で暮らすはつは息子の藍之助と菊とともに加野屋にやって来る。あさは、姉のはつと十年ぶりの司会を喜ぶ。はうはあさの娘、千代を見つけると喜びのあまり抱きしめる。千代は、母と違うはつの優しさに戸惑ってしまい…。

新次郎は加野屋の商いに興味深々の藍之助を連れ、店の中を案内すると…。

あさとはつは。家族のことで語り合い、これまでの道のりを思い涙する。すると、あさは急に畳の上に寝転んで…。

 

銀行業務に詳しい平十郎の活躍で、銀行開設の準備が進む中、雁助は加野屋を去ろうとしていた。それを感じたうめは…。そして、あさはうめのことを心配し声を掛ける…。

そんなある日、あさはとうとう銀行の神様と呼ばれる渋沢栄一と会えることになった。渋沢があさに語る銀行経営で一番大切なものとは…。

そして、ついにあさの念願だった加野銀行の看板があがる。数年後、新聞に取り上げられる程、経営者として有名になっているあさだが、相変わらず娘の千代とけんかしていて…。

以上 引用おわり。

2.第17週 第97話【今日のあらすじ】

家の広さにはしゃぐ藍之助。それをたしなめるはつ。藍之助を案内する新次郎。千代を見つけるはつ。あさは、千代をはつに紹介する。思わず抱きしめるはつ。照れて走り去る千代。

よのと菊が話している。外で巾着を忘れた榮三郎がチャンスを伺っていたが…諦めた。

スポンサーリンク

新次郎は、藍之助を案内している。平十郎は始末屋だと雁助が話す。無駄を出さないように鼻紙も四つに折って四回つかって、その後 三回干して使っているらしい。なので、通常は「へぇ」しか言わないのも無駄を抑えるためだった。

はつと話すうめ。千代が、あさと似ていると言ったはつに、あさが入って来て「中身は全く違う」と話す。

あさとはつのお喋りは、まだまだ止まらないのであった。

3.【ネタバレ】第17週 第97話【感想】二人の子どもたちも 見所です!

お喋りの止まらない二人。そして、その子どもたちは初めてのものに触れます。

 

藍之助は、新次郎に丁寧に加野屋を案内され、加野屋に憧れて働きたくなるのでしょうね。それは、昔 父もやっていた仕事だと聴けば尚更だと思います。両替商や銀行で働くための資質は十分な感じですね。

 

千代は千代で普通のお母さんに触れてビックリしていましたね。千代は、外見は、あさに似ていても中身ははつに似ているようですね。いや、はつが普通の女性だから千代も普通の女性なので、似ているように見えるのかもしれませんが…w

 

お互いのおばさんの知らない世界を知った二人の子どもたちは、これから どう感じて どのように行動して行くのでしょうか? それも これからの見どころに成りました。

 

あさが来た!バナーのコピー

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

このサイトについて

2016-01-04morocco-横260px

はじめまして。モロッコです。
あなたを元気にさせるエンタメ情報を
発信して行きますね。
よろしくお願いします。
鼻を押していただければw、
『少しだけ変なプロフィール』
に飛びます!

 

『目次』だよ!クリックしてね!…『宝の地図』って何?

Amazonプライムビデオ

特集ページのピックアップ!

放送終了サイドバナー

迷探偵モロッコ サイドバナーのコピー

カテゴリー