真田丸 第22回 感想M 実際の戦を防ぐために言葉での戦いが始まる!

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

1.真田丸 第22回  裁 定 【あらすじ+】

Yahoo!番組紹介ページからの引用と私の補足です。

北条氏政(高嶋政伸)の沼田城明け渡し要求を断固拒否する真田。北条を上洛させたい秀吉(小日向文世)を判事役に、原告・北条、被告・真田の戦国裁判劇の幕が上がる。

信繁(堺雅人)は真田の代表として弁舌と胆力の限り北条に勝負を挑む。徳川方の証人・本多正信(近藤正臣)も加わり、一瞬の隙も許されない大論戦が展開。

秀吉がいよいよ裁定を下す。武勇によって事を決する時代の終わりに昌幸(草刈正雄)の胸に去来するものはー

最後は信繁の言い分が勝ったように思われた。しかし、秀吉は あっさりと沼田を北条に渡しては真田が納得しないとの思いで裁定を行っただけで、元々の結論は決まっていたのだ。結局 沼田は北条のものに成った。

面白くなかった昌幸は、真田家の先祖代々の墓のある名胡桃だけは残して欲しいと懇願するのであった。勿論、ウソである。まんまとそれが認められた。しかし、北条はそれを破って名胡桃に攻め込み奪い取ったのである。

これにより、秀吉は北条征伐の正当な理由を得たのである。そして、見たこともない大軍勢が北条を攻めようとしていた。

以上 引用と私の補足おわり。

2.【ネタバレ】第22回 感想M  実際の戦を防ぐために言葉での戦いが始まる!

『感想M』の『M』は『モロッコ(Morocco)』の『M』です。

スポンサーリンク

 

戦を無くしたいという秀吉の思いは大義名分で、結局は北条を上洛させたいための出来レースだったんですよね。

 

北条家の代表の代わりとして出てきた江雪斎。弁が立つ男ですが、休憩の時に信繁に話すのです。
「戦は勝たなければ意味がない。
 しかし、この戦いで本当の戦いが回避できるといいな」と。

 

江雪斎は、沼田を取り合うライバルなので憎い相手ではありますが… 戦が起こらないように今 出来る最大限のことをしていたのです。その思いは信繁と同じでした。そんな男たちの斬り合う実際の戦ではなく、話し合いの裁判の形での戦いが素敵だと思っていたのですが…

結局 結論は決まっていて、秀吉の 北条攻めの口実にきっかけに成ってしまったのは残念でした。

 

江雪斎に真田は沼田を騙し取ったと指摘された時、信繁が
「仰る通り。
 騙し取り 奪い取り 勝ち取りました。」と開き直って話し、

その姿を見た本多正信に
「必死で戦こうておる若者を見たら
 手を差し伸べてやるのが年寄り」と思わせ、加勢して貰ったので

沼田を守り切ることが出来たと思っていたのですが… 残念です。
ただ、言葉での戦いも大変 見応えがありましたね。

 

 

来週は、実際の戦に成ってしまうようですが… どんな展開に成るのでしょうか?
次回も また 観よう!!

 

真田丸 バナーのコピー

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

このサイトについて

2016-01-04morocco-横260px

はじめまして。モロッコです。
あなたを元気にさせるエンタメ情報を
発信して行きますね。
よろしくお願いします。
鼻を押していただければw、
『少しだけ変なプロフィール』
に飛びます!

 

『目次』だよ!クリックしてね!…『宝の地図』って何?

Amazonプライムビデオ

特集ページのピックアップ!

放送終了サイドバナー

迷探偵モロッコ サイドバナーのコピー

カテゴリー