「嘘の戦争」第2話感想1 先ずは、あらすじから…

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

1.「嘘の戦争」第2話 あらすじ

YAHOO!JAPANテレビ番組表の引用から

<草ナギ剛が天才詐欺師に>殺された家族の仇を討つ復讐劇…第二幕の標的は嘘の証言をした悪徳弁護士。巧妙な嘘と罠で破滅に陥れろ…30年前の衝撃的な嘘と真実が明らかに!

 

ニシナグループ会長の興三(市村正親)をかばって五十嵐(甲本雅裕)に刺された浩一(草彅剛)は、二科家の顧問弁護士を務める六反田健次(飯田基祐)から、今回の一件は事故として済ませたいと言われる。

“六反田”という名前を目にした浩一は、男が30年前に新聞配達をしていた苦学生で、事件当時、浩一の父親が一家心中を図ったことを決定づける、うその証言をした人物だと気付く。

一方、浩一を治療した楓(山本美月)は、胸元の大きな傷跡が気になっていた。浩一はタイでの仕事中に負ったものだと説明するが、医師である楓は、もっと古い傷だと気付いていたのだ。

なぜ浩一がうそをついたのか、楓は少しずつ浩一のことが気になり始めて…。

その頃浩一は、五十嵐に金を貸していた金融屋になりすまし、六反田に揺さぶりをかけていた。「金を返さなければ、“30年前のうその証言”を公にする」――焦った六反田は興三に助けを求めるが、

それを見計らったように、今度は隆(藤木直人)のフリをして次なるワナを浩一は仕掛け…。

以上 引用おわり。

2.あらすじ 続き

五反田に隆を装って一字違いのメールアドレスからメールを送るのです。内容は、30年前のことは、仁科家は関知しないという内容。

スポンサーリンク

それを見て、激怒した六反田。そっちが、その気なら会長が30年前の罪について語ったカセットテープをしかるべき場所に提出するとメールを返すのです。カセットテープの存在を知った浩一。

浩一は、六反田がテープをネタに 自分を見捨てない様に 隆を脅迫させることに成功します。そして、六反田がテープを運ぶ最中に 上手くテープを偽物とすり替えるのです。隆にテープを聴かせて自分を守るように頼む六反田。

しかし、流れて来たテープの内容は、

『アホが見るブタのケツ』なのでした。
(※注)見つけた動画は、ブタメンヴァージョンなので若干歌詞は違いますが…大体 こんな雰囲気です。

 

慌てる六反田。それと同時に六反田の事務所に警察の調べが入ります。詐欺集団からお金を受け取る六反田の写真が証拠として。隆に自分を助けて欲しいと頼む六反田。

しかし、隆は
「弁護士資格 剥奪になるでしょう。
 もう 仁科家では救えない」と突き放すのです。

 

 

あらま。まとめ方が下手で申し訳ありません。
結構な長さに成ってしまったので、
次に続きます
『「嘘の戦争」第2話感想2 ただの復讐劇で終わらないで欲しい』

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

このサイトについて

2016-01-04morocco-横260px

はじめまして。モロッコです。
あなたを元気にさせるエンタメ情報を
発信して行きますね。
よろしくお願いします。
鼻を押していただければw、
『少しだけ変なプロフィール』
に飛びます!

 

『目次』だよ!クリックしてね!…『宝の地図』って何?

Amazonプライムビデオ

特集ページのピックアップ!

放送終了サイドバナー

迷探偵モロッコ サイドバナーのコピー

カテゴリー