A LIFE~愛しき人~ 第5話あらすじ 中々伝えられない沖田

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

1.A LIFE~愛しき人~ 第5話 あらすじ

以下は、公式サイトよりの引用です。

深冬(竹内結子)が倒れ、病気の進行具合を目の前に突きつけられた沖田(木村拓哉)と壮大(浅野忠信)。手術の方法が未だ見つけられない沖田を責め、それでも沖田を頼るしかない状況に壮大は苛立つ。

 一方、関東医師会の事故調査委員に選ばれた羽村(及川光博)は、調査対象に心臓外科の権威である医師・山本(武田鉄矢)の名前があり驚く。山本は羽村と壮大の学生時代の恩師で、羽村は山本の手術の腕に心酔していた。

そんな時、山本の患者が壇上記念病院を受診し、羽村に気を遣った井川(松山ケンイチ)は沖田に担当を頼む…。

以上 引用おわり。

2.公式あらすじ の続き 中々伝えられない沖田

井川は、深冬に腫瘍のことを伝えたのか?それを治せるのか?を尋ねる。沖田は、オペの方法が分かったら ちゃんと本人に告知すると答える。

 

沖田は、患者が問題にしていた息もれは総合弁が原因かもしれないと話す。そして、それが本当にそうなのかは診てみないとわからないと話す。

 

片山関東病院との提携の話が無くなったため、銀行から融資を断られてしまう壮大。

 

深冬のオペをモニターで見守っていた沖田は、深冬の動きがおかしいことに気付き、手術室に向かい深冬と交代してオペを行う。

スポンサーリンク

井川は、沖田に早く告知しないと強く提案するが、沖田に分かってるよと言われてしまう。それを聴いていた羽村は井川に 熱くなっちゃダメだ。医者に必要なのは冷静な判断だと伝える。

 

深冬は、壮大に頭痛のことを相談する。もう隠しきれないと思い 診断させて欲しいと提案する壮大。そのことを沖田に伝えると、沖田は その診断は来週まで待って欲しい。執刀医である自分が今週に話をする  

と壮大に話す。

 

壮大は山本のミスを黙っている代わりに山本の勤める病院と提携することに成ったと 羽村に話す。反発する羽村。

山本の患者を診て、沖田は山本のミスだと確信する。オペの後、羽村は 山本のミスを黙っていて欲しいと 沖田にお願いする。しかし、沖田は 患者は自分の体に何が起こっているのか?知りたがっている。

羽村も これ以上ごかまし切れないことを知っている筈だと話す。

3.長く成ってきたので

続きます。
A LIFE~愛しき人~ 第5話感想 ヒーローじゃない沖田を考察

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

このサイトについて

2016-01-04morocco-横260px

はじめまして。モロッコです。
あなたを元気にさせるエンタメ情報を
発信して行きますね。
よろしくお願いします。
鼻を押していただければw、
『少しだけ変なプロフィール』
に飛びます!

 

『目次』だよ!クリックしてね!…『宝の地図』って何?

Amazonプライムビデオ

特集ページのピックアップ!

放送終了サイドバナー

迷探偵モロッコ サイドバナーのコピー

カテゴリー