「下剋上受験」第4話あらすじ 最初は三人でえいえいおーー!

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

1.「下剋上受験」第4話 あらすじ

以下は、公式サイトからの引用です。

仕事と勉強の両立に苦戦する桜井信一(阿部サダヲ)は、今のままでは両方が中途半端になってしまうと考え、なんと会社に退職願を出してしまう。

そんな身勝手な行動を妻の香夏子(深田恭子)や娘の佳織(山田美紅羽)に話せるわけもなく、信一は家族に内緒でアルバイトを始める。

そんなある日、家に1人でいる香夏子のもとに信一の後輩社員・楢崎哲也(風間俊介)が訪ねてくる。退職した信一に負い目を感じている楢崎は、その経緯を説明し謝罪。

しかし、何も知らない香夏子は困惑する。香夏子は信一の父・一夫(小林薫)に相談するが、〝女房は余計な口出しをしてはダメだ〟と、言われてしまう。

 

一方の信一は、仕事を辞めた事よりも佳織に算数の特殊算を上手く説明できない事に頭を悩ませていた。中卒仲間の松尾(若旦那)、竹井(皆川猿時)、梅本(岡田浩暉)、杉山(川村陽介)

に協力してもらい旅人算の実験により理解を深めようとするが要領を得ない。だが、そこに現れた楢崎を見た信一に名案が浮かぶ。中学受験の経験者である楢崎の力を借りればいいのだ、と。

早速、楢崎は「俺塾」で佳織に勉強を教える事となった。

 

数日後、アルバイトに精を出す信一の前に現れた一夫が、香夏子の思いを代弁。信一はこのとき初めて一夫や香夏子が会社を辞めた事を分かっていたのだと知る。

信一は家に戻り香夏子と話し合いをすることになる。そこで不満を募らせた香夏子が意外な決断をする。

スポンサーリンク

以上 引用おわり。

2.公式あらすじ の続き

香夏子は、自分が働きに出ると話す。今までの主婦だった香夏子に出来る訳がないと新一は言う。しかし、香夏子は部長さんも大丈夫だと言ってくれたと言うのだ。

何と 香夏子は、新一の会社に昨日 面接に受けに行ったのだった。

そして、香夏子は言うのだ。
何故 私を信用してくれないのだと。何故 私に期待してくれないのだと。何故 私の気持ちを考えてくれなのだと。

 

それを よく言った!流石 と香夏子を褒める一夫。

佳織も お母さん 凄い!難しいお父さんと同じ仕事をするなんて と喜ぶ。

そして、新一を除いて
「じゃあ 皆で頑張ろう!
 えいえいおーーーーーーーーー!」と叫び出す。

これでいいのか?と思いながらも
「えいえいおーーーーーーーー!」に参加する新一だった。

3.感想書こうかと思ったのですが…

長く成ったので続きます。
「下剋上受験」第4話感想 このドラマが、最強伝説?!

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

このサイトについて

2016-01-04morocco-横260px

はじめまして。モロッコです。
あなたを元気にさせるエンタメ情報を
発信して行きますね。
よろしくお願いします。
鼻を押していただければw、
『少しだけ変なプロフィール』
に飛びます!

 

『目次』だよ!クリックしてね!…『宝の地図』って何?

Amazonプライムビデオ

特集ページのピックアップ!

放送終了サイドバナー

迷探偵モロッコ サイドバナーのコピー

カテゴリー