ラストアイドル サードシーズン 5月6日感想 アイドルは偶像です。だからこそ作るのです。人を励ませるキャラを

この記事は3分で読めます

スポンサーリンク

今回も二人の挑戦者が『ラストアイドル』に挑みます。
果たして、今回は誰は笑い、誰が泣くのでしょうか?
自分たちの夢を懸けて目指せ!!『ラストアイドル』

先ずは、4番目の挑戦者の登場です。↓

1.4th Challenger 永井 穂花さん(17歳)

・6歳の時 NHK大河ドラマ『篤姫』に主演。
 宮崎あおいの幼少期を演じた。

・「アイドルに対する思いは誰にも負けません。」

パフォーマンスに選んだ曲⇒♪初日/AKB48
アイドル曲を元気いっぱいにパフォーマンス。

選ばれた対戦者は…↓

2.立ち位置7番 松田 穂花さん(15歳)

・穂花対決!

パフォーマンスに選んだ曲⇒♪White Love/SPEED
しっとりとバラードを歌い上げる。

 

そして、判定は…↓

3.JUDGE 竹中 夏海さんの判定は…

WINNER 暫定メンバー 町田 穂花さん

 

他の審査員の判定は、
町田さん2票、永井さん1票

次の挑戦者に移ります。↓

4.5th Challenger 栗田 麻央さん(15歳)

・なにわの歌姫。
・10歳からダンススクールに通う。
・小学6年生の時からアイドルユニット『桜っ娘(さくらっこ)』のリーダーとして活動。

・約3年続けたアイドルグループを高校受験のため卒業。
・高校に合格 アイドルへの想いが再燃。

 

パフォーマンスに選んだ曲⇒♪OVER/Little Glee Monster

「全力は出し切りました。後悔は無いです。」

 

選んだ対戦者は…↓

5.立ち位置12番 河田 梨帆さん(21歳)

・熊本県出身。
・上京して三年。
・高校二年生のときに芸能事務所所属し、『全力坂』に出演。

ある動画が彼女の心を突き動かす。それは、Love Cocchiリーダー西村歩乃果さんが 2期生募集を呼び掛けた動画。
そこで話されていたことは
「明日死んでも後悔しない生き方をしたい」

パフォーマンスに選んだ曲⇒♪私がオバさんになっても/森高千里

一回目 歌い出しを失敗し歌い直し。
「不安で仕方なくて今日ここに臨んでしまったので、それが出てきたかな」

 

どうでした?と司会の竹山さんに振られた竹中 夏海さんに
「1期から3期まで観て来て 一番完成度の高いパフォーマンスと 一番不安なパフォーマンス」と言われてしまう。

 

そして、判定は…↓

6.JUDGE zoppさんの判定は…

WINNER 挑戦者 栗田 麻央さん

判定理由
「一発勝負でどれだけ結果が出せるか?
 単純に栗田さんの方が好かった。」

 

他の審査委員の判定は、
河田さん2票、栗田さん1票

判定直後の言葉
勝った栗田さん
「毎日練習してきて良かったなと本当に思います。」

負けた河田さん
「いい夢を見させてもらいました。
 もう この世界に悔いは無いです。」

 

 

その後、合流したメンバーに栗田さんが語った言葉
「皆さん アイドルに成りたいと思ってここに居るので
 一緒に夢を追いかけて行きたい。」

スポンサーリンク

 

負けた河田さんが最後に語った言葉
「みんなと合えなく成ると思うとさびしいですけど
 私は私の道で自分でちゃんと人生見つめ直してやって行きたい」

 

7.ラストアイドル サードシーズン 5月6日感想 アイドルは偶像です。だからこそ作るのです。人を励ませるキャラを

ついに入れ替えが起こってしまいましたね。

なぜ河田さんが負けてしまったのか?自分なりに その原因を書いてみたいと思います。まあ。素人の意見ですので的外れのことも多々ありますが…。

河田さんは、素直に今の自分の気持ちを言うのが
アイドルとして良いと思ってたのではないでしょうか?
それが最大の敗因だと私は思います。

アイドルの言葉の意味って『偶像』です。なので、本物ではありません。そこにファンは何を求めているのでしょうか?それは癒しであったり、励ましであったり、仮想の恋人であったり …などなど あると思いますが、全てはウソ偽りの世界です。飽く迄 私の勝手な解釈ですが…。

だから、弱気なコメントとかを求めていない気がすると思うのです。
人間ですから、緊張もします。失敗もします。もし、それが起きてしまったとき それをどう切り返すのか?その対処で 観ている方たちに夢を与えるか?

ガッカリさせるか? それが分かれるのです。

 

司会の竹山さんに最初失敗をしてしまったから全力が出せていなかったですよね。…と言われたとき、素直にそうですと答えるのではなく 例えば「残念ながら最初は失敗してしまいましたが、それでも全力を尽くしました。まさかの失敗が起きてしまいましたが…

それでも そこで全力を出す。それが観てくださった方にも喜んで頂けるアイドルだと思うので全力を出し切りました。悔いはありません。」とか。

ここまで言うと言い過ぎかもしれませんが…(汗)だがしかし、この位の勢いで余裕しゃくしゃく サービス精神満点 自信満々で臨まれたら良かったのかも。それはカラ元気です。勿論。でも、アイドルには直ぐバレたとしてもハッタリも時には必要なのです。

観ている方たちに「強がってんな」とか思われても良いのです。それが頑張りとして伝わるからです。

 

 

アイドルは見せ方も大事なのです。それに今回の挑戦者は対戦者を選んだ理由を「直感」とか言ってましたが… 私は、それはウソだと思います。出来るだけ勝てる相手を冷静に判断し分析して狙ったのだと思うのです。飽く迄 私の勝手な推測ですが…。

それでも凄い思ったのは、それが嫌らしく映っていないことです。それが凄いと思いました。まあ。飽く迄も 私の勝手な推測の上での話ですがね(汗)w

 

河田さんは、「私は6年分 長く生きているので、その経験を発揮したい」と仰っていましたよね。そうであるのなら、そこでハッタリを効かせて欲しかったです。人生経験を活かして…。

 

 

…とか書きながらも 矛盾しますが、こうも思うのです。素直な河田さんが良かったと。
本当に勝手な意見ですね、申し訳ありません。ただ、観られている方たちが、どう思ってくださっているか? それを意識して 視聴者を勇気づけたり 元気付けたり 励ましたりする 言動や 立ち居振る舞いが理想的なアイドルじゃないかな?! と私は思うのです。

普通の人じゃなく それがアイドルっていう職業だと私は独断と偏見で思うのです。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

このサイトについて

2016-01-04morocco-横260px

はじめまして。モロッコです。
あなたを元気にさせるエンタメ情報を
発信して行きますね。
よろしくお願いします。
鼻を押していただければw、
『少しだけ変なプロフィール』
に飛びます!

 

『目次』だよ!クリックしてね!…『宝の地図』って何?

Amazonプライムビデオ

特集ページのピックアップ!

放送終了サイドバナー

迷探偵モロッコ サイドバナーのコピー

カテゴリー