ブラックペアン 第3話 感想 高階先生はスナイプなしでも渡海先生に負けない(願望)

この記事は4分で読めます

スポンサーリンク

スナイプの手術が、上手く行きません。二回もチャンスがあったのですが… どちらもスナイプだけで完結とは行きませんでした(汗)それどころか患者さんの命を危険にさらしてしまいました。ボスの西崎教授にもプレッシャーを与えられる高階先生。

果たして、高階先生はスナイプの手術で成果を出すことが出来るのでしょうか?

先ずは、第3話のあらすじからです。↓

1.プラックペアン 第3話 公式あらすじ とその続き

外科学会理事選を控え“インパクトファクター”が欲しい西崎教授(市川猿之助)に迫られ、スナイプ手術の結果が出せない高階(小泉孝太郎)は後がなくなっていた。そんなとき、東城大に心臓を患った二人の患者が入院してくる。一人は楠木秀雄(田崎真也)で、渡海(二宮和也)と世良(竹内涼真)が担当になり、佐伯教授(内野聖陽)による佐伯式手術を受けることが決まっていた。もう一人は治験コーディネーター・木下香織(加藤綾子)の紹介による患者で、厚生労働省の次期事務次官候補である田村浩司(依田司)の息子・田村隼人(髙地優吾)。音大生の隼人はピアノコンクールを間近に控えており、短期間での回復が見込めるスナイプ手術を希望していた。VIP患者のスナイプ手術とあって、高階は並々ならぬ意気込みだ。しかし、術前検査で隼人の心臓の構造に問題があることが発覚。高階は断腸の思いでスナイプ手術をあきらめる、と佐伯教授に告げる。ところが、佐伯は渡海に隼人のスナイプ手術を行うよう命令し・・・。

 

引用元: TBSテレビ:日曜劇場『ブラックペアン』あらすじ 第3話

 

 

それでは、公式あらすじの続きです。
ネタバレが嫌な方は回れ右して ここから離脱してくださいね。

 

 

準備は、よろしいですか?

 

それでは、書きます。

田村隼人のスナイプ手術が始まる。執刀医は渡海だ。
渡海は、心臓の動くのをモニターで見て一言。

「止めた」

去る渡海。追う高階。
準備をしてきたのに何故?と問う高階に
渡海は言う。

「ちゃんと準備できてないだろ!
 心尖部の筋肉 ちゃんと見たのか?」

田村隼人は、心尖部に異常を抱え このまま進めていれば
大量出血を起こして危険な状態に成っていた。

高階は、一人つぶやく。
「あの僅かな心臓の動きで それを見抜くとは…」

 

何とか患者を説得し高階と世良は3Dプリンターで作成した
田村隼人の心臓のモデルを基に到達するルートを探す。
そして、ルートをやっと発見し渡海に論文をパソコンで見せるも

そのデータをパソコンのゴミ箱に捨てる。
怒る高階は言う。
「今 何をした?」

渡海「捨てた」
そして、問題ないと言う渡海に高階は言う。
「問題ならある。私自身の誇りの問題だ!

 論文は医者の全てなんだ。
 腕がいいことは認めます。
 だが、その想いが分からない あなたは私に言わせれば

 医者ではない。 ただの手術職人だ。」

それを聴いた渡海は
「そんなに褒められたら照れちゃうよ」

 

高階と世良が大変な時間を掛けて見つけたルートを
渡海は いとも容易く見つけていたのだった。

 

そして、田村隼人の二回目のスナイプ手術が始まった。
渡海は、順調に挿入したスナイプを進めて行く。
だがしかし、そのとき 楠木秀雄の病状が悪化し緊急手術が必要な状態に。

その連絡を内線で受けた世良は、渡海に報告。
そして、渡海は言う。
「俺の身体は一つ だから助けられる命は一つだ!

 なら、どっち助ける?
 あ いや どっち殺す?」

 

答えられない世良に渡海は言う。
「俺なら両方助ける」と。
そして、隣の部屋に楠木秀雄を運ぶことを指示。

渡海は隣に移動し楠木秀雄の手術を開始。
何故か身体の真ん中を開かず、難しく成る左から切開して、手術をするのだった。

 

田村隼人の手術を任された高階。順調をスナイプを進めるが…
その手が止まる。これ以上は自分の実力では進めることが出来ない所に来ていた。
そこに現れる渡海。

渡海は 高階に交代するように指示し、高階は隣でスナイプを使った手術をするように指示する。
そう。渡海はコレを想定しての左からの切開だったのだ。

手術は二つとも成功。
渡海は、治験コーディネーターの木下から研究費を貰うのであった。

 

 

…以上。
またまた まとまっていない公式あらすじの先の話です(汗)
精進致します。

スポンサーリンク

 

それでは感想です。↓

2.ブラックペアン 第3話 感想 高階先生はスナイプなしでも渡海先生に負けない(願望)

感想の前に知っておいて欲しいことがあります。
それは、この『ブラックペアン』は、飽く迄もドラマであり、実際の医療現場とは違う表現に成っている所もあるということです。

具体的に書きますと…
治験コーディネーター。
実際は、ドラマとは かなり違うようです(汗)
例えば…

 

それに対して、ドラマはドキュメントじゃないのだから 正しい 正しくないで目くじらを立てるのは、どうかな?って意見もありますね。

 

私は、ドラマだから演出もある。現場と解離した表現もあるかもしれない。だけど、実際は どうなのか?も知っておいて損はない というスタンスです(微笑)

 

 

その他にも現場とか異なる点が多々ありそうです。
その一つが、広い場所に沢山の医師が集まって会議をすることは無いそうです。
参考記事⇒外科医の視点/ブラックペアン第1話感想&解説|予想以上にトンデモな外科系ドラマより

 

まだまだあるかもですが… 少なくとも現場とは違う点もあると知ってドラマを楽しむことは 正しい知識を持って正しい判断を下す上で大切なことだと思い 書いてみました。

 

 

やっと感想ですw
それにしても高階先生って腕ないのでしょうか?
スナイプを広めたり そのために論文を書き上げたいのは分かりますが…

あまりにもスナイプに頼り過ぎですよね。
スナイプを使わない手術は出来ないのかな?と思わせる位
スナイプにべったりです(汗)w

ここは一つ。スナイプを使わずに渡海先生を唸らせる手術の腕前を発揮して欲しかったですね。
だがしかし、そうすると渡海先生が目立たなくなるので それも出来ないですね(汗)
何か「鳴り物入りで登場するけど、直ぐにメッキが剥がれます」とか言うような

意味のことを高階先生を演じている小泉孝太郎さんが言われてましたが…
ここは踏ん張って欲しかったですね。
そして、東城大学医学部付属病院二大トップに成って欲しいのです(佐伯教授除くw)

 

何か やっぱり「振り返れば奴がいる」を思い出してしまいますね。
古いですけどね。
何か このままだと渡海先生と佐伯教授だけ凄いって成ってしまって

私は面白く無いですね。やはり同世代のライバルが居ないとね。
まあ。ドラマは面白いのですけどねw
ここは一つ。高階先生や 世良先生に頑張って欲しい所です。

 

なんやかんや言いながら書きながらも来週も楽しみです(微笑)

 

過去の話が観たいときは…

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

このサイトについて

2016-01-04morocco-横260px

はじめまして。モロッコです。
あなたを元気にさせるエンタメ情報を
発信して行きますね。
よろしくお願いします。
鼻を押していただければw、
『少しだけ変なプロフィール』
に飛びます!

 

『目次』だよ!クリックしてね!…『宝の地図』って何?

Amazonプライムビデオ

特集ページのピックアップ!

放送終了サイドバナー

迷探偵モロッコ サイドバナーのコピー

カテゴリー