ブラックペアン 第7話 感想 ドラマは虚構。そして人間の敵も味方も人間!

この記事は3分で読めます

スポンサーリンク

前回 患者である渡海の母が希望していたので、身内を手術しても問題が無い筈なのに何故か責められ処分される渡海。それに反発し、かつ報酬二倍の条件に魅かれた渡海は帝華大に移籍することに。

果たして、東城大は どうなってしまうのか?

先ずは、公式あらすじと その先の話の紹介です。↓

1.プラックペアン 第7話 公式あらすじ とその続き

帝華大に引き抜かれ、東城大を去った渡海(二宮和也)。西崎教授(市川猿之助)の狙いはなんなのか?高階(小泉孝太郎)も訝る。一方、国産ダーウィン=カエサルを推進する厚労省の富沢(福澤朗)は、東城大に一人の患者の治験を持ちかける。カエサルの治験にぴったりの症例だというその患者・山本祥子(相武紗季)の情報をどうして富沢が知ったのか?東城大の患者のリストを誰かが持ち出したのだ・・・佐伯教授(内野聖陽)は、富沢の後ろに西崎教授の影を感じる。東城大は祥子を治験者にするため、担当医を黒崎(橋本さとし)にし、木下香織(加藤綾子)から祥子に治験についての説明をすることに。ところが・・・。

 

引用元: TBSテレビ:日曜劇場『ブラックペアン』あらすじ 第7話

 

 

続きを書きます。

 

 

山本と面会した木下は、逃げ出すようにその場を立ち去る。山本は、6年前 木下が看護婦だった頃の同僚で医師が医療ミスを起こしたとき、木下の所為にされ その裏付けの証言をさせられていたのだった。

そして、そのウソの証言をした山本を木下は恨んでいたのであった。山本もウソの証言をしないと追い出すと脅されていたのだった。

 

渡海が居なくなったことで、黒崎が山本の担当医に成った。新人看護婦の宮元は、山本にペニシリンを投与するように指示を受ける。その通り、投与しようとする宮元。それを木下は見ていた。

何と山本はペニシリンに拒絶反応を示す体質だったのだ。それに気付いた木下は寸前の所で投与を止めていた。山本が目を覚まし、気付かれた木下は去って行く。

 

帝華大では、渡海は竹田と言う医師に論文も書いたことがないとバカにされていた。だがしかし、竹田が手術に失敗しそうに成った時、何時ものように渡海が現れ、法外な値段を請求する代わりに

竹田を救ってやるのだった。木下は渡海の様子を見に現れる。何気ない会話の中で渡海は木下に言う。
「患者が居る。ソイツを助ける。以上」

 

山本は、自分の治験コーディネーターに木下を指名する。カエサルの症例の二件目に成る手術だ。手術が始まった。執刀医の黒崎が、順調に手術を進めていく。そして、無事 終わったかに見えた。

だがしかし、高階は血栓が心臓の中に残っていることに気付く。このままだと血栓が脳に詰まり、患者を危険な状態にしてしまう可能性がある。このやり取りを聴いていた木下は患者にこの話をしても良いのかと

血栓を取ることを迫る。それでも手術を切り上げようとする黒崎に高階が言う。

「必要ならルールを変えろ。
 規則によって命が失われることがあってはならない。」と。
高階は、黒崎に代わって血栓をとる手術を行う。

無事に成功。

 

東城大に渡海が戻って来る。そして、帝華大にこんなモノがあったと東城大の患者のリストを皆に見せる。疑われる高階。だがしかし、犯人は宮元だった。それをさせたのは…なんと

スポンサーリンク

守屋院長だったのだ。守屋院長は退官後のポストを帝華大に約束されていたのだ。そして、宮元は自分の父が肺がんで帝華大に入院していたが高額の医療費を払えず弱みを握られていたのだった。

 

山本と木下は仲直りした。

 

 

まっ! 例のごとく 
ちゃんとまとまっているか?は怪しいのですが…汗…

それでは、感想です。↓

2.ブラックペアン 第7話 感想 ドラマは虚構。そして人間の敵も味方も人間!

山本を見た木下が逃げ出して、新しい治験コーディネーターが現れたとき… あっ! これで指摘されている現実と乖離した治験コーディネーターじゃなくて現実に近い治験コーディネーターが出て来たのかな?

これで炎上も少しは治まるのかなと思ったのですが… 直ぐに居なく成りましたね(汗)w ドラマでリアルさが、そんなに必要かなとも少し思うのです。何故なら、既にドラマの時点で虚構だからです。

凄くリアルなドラマを作っても きっとそれは全く面白く無いモノに成る可能性が高いと思います。何故なら、現実では毎回 ドラマチックなことが起こっている訳ではないからです。

そして、現実を忘れて夢を見れるのがドラマの良さでもありますよね。そこにリアルさを求めるのも どうか?と思うのです。そうではなく、ドラマを楽しみながらも現実が その通りだと思わないことが大切です。

だがしかし、日本人はドラマや小説を 現実のことだと信じてしまったり、ドラマの役なのに実際の俳優さんも そのまま同じだと思ってしまう傾向がありますよね。

今は、その傾向は少し弱まっているかもしれませんが… 俳優さんが 現実でも役と同じだと考えてる方は、まだまだ多いのではないでしょうか?

だからこそ、ドラマの治験コーディネーターが現実と違うと批判される人が出て来るのだと思います。ドラマを鵜呑みにして観るのではなく、現実は違うかもしれないと思って観る視点を持ったり

実際はどうなのか?調べてみる視点を 日本人は忘れていますよね(汗)w
いや、そんな大げさな物でもなくて ただ一つ 忘れなければ良いのです。

ドラマは虚構ってことを。

 

 

 

ところで、

人の敵は人。
人に立ちふさがる障害は、結局は人間関係なのですよね。最初はそう言っていた木下さんが、最後には

「でも、人の味方も人よね。看護師を辞めさせられたときは、本当に悔しかった。でも、それで今の仕事に出会えた。
お互いに仕事は違っても目指す先は同じ。

戦友よ。」と話すのです。それが良いなと思いました。

嫉妬からか?やっかみからか?アンチも多そうな加藤綾子さんですが、女優としても頑張って欲しいですね。そうそう!敵が多いってことは、それだけ味方も多いってことですし。それに凄い人物だからこそ

反発もされるんですよね(微笑)

 

 

あなたのブラックペアン視聴ライフが、更に楽しく 充実したものに成りますように。

 

過去の話が観たいときは…

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

このサイトについて

2016-01-04morocco-横260px

はじめまして。モロッコです。
あなたを元気にさせるエンタメ情報を
発信して行きますね。
よろしくお願いします。
鼻を押していただければw、
『少しだけ変なプロフィール』
に飛びます!

 

『目次』だよ!クリックしてね!…『宝の地図』って何?

最近の記事

Amazonプライムビデオ

特集ページのピックアップ!

放送終了サイドバナー

迷探偵モロッコ サイドバナーのコピー

カテゴリー