ブラックペアン 第5話 感想 やっぱり高階先生が熱いっす。火をつけたのは世良先生だけどね。

この記事は3分で読めます

スポンサーリンク

前回 無事に終わったと思われた小春ちゃんの手術でしたが… 感染の懸念が発見されます。それを解消するには帝華大にあるダーウィンを使う必要がありました。
果たして、高階先生は小春ちゃんと一緒にサッカーが出来るように成るのでしょうか?

先ずは、公式あらすじの紹介と 
その先を書くことを試みてみましたw↓

1.プラックペアン 第5話 公式あらすじ とその続き

外科学会理事長選をにらみ、高階(小泉孝太郎)が手がけるスナイプに関する論文で駆け引きを続けていた佐伯教授(内野聖陽)と西崎教授(市川猿之助)。最終局面を迎えたこの戦い、ついに論文の功績を手にしたのは西崎だった。師である西崎を選んだ高階は東城大を去り、帝華大に戻る準備を始める。その頃、渡海(二宮和也)は佐伯教授に患者・島野小春(稲垣来泉)に関する“ある懸念”を伝えていた。スナイプ論文の撤回を視野に入れた渡海の“懸念”に、西崎と高階は慌てる。検査の結果、小春にはスナイプ手術を行ったことによって別の問題が発生していた。開胸手術が出来ない小春に、高階は内視鏡下手術支援ロボット・ダーウィンでの手術を提案する・・・。

引用元: TBSテレビ:日曜劇場『ブラックペアン』あらすじ 第5話

 

続きを書きます。

 

だがしかし、それは却下される。高階先生は 帝華大でも 東城大でも権力を失っていたのだった。

小春の担当医は、渡海に交代される。渡海は、小春に増血剤の投与を続けるだけだった。このままでは小春の命はないと心配する高階は渡海に声を掛ける。すると渡海に「だったらお前はやれよ」と言われてしまう。

そんな高階先生に世良は訴える。
「必要だったらルールを変えるんじゃなかったんですか」

 

そして、緊急のオペが発生する。日本では症例がないので出来ないと言う渡海に高階は外国で その手術の助手をしたことがあると言う。

「出来る訳ないよ。助手だったんだろ」という渡海に 高階は
「私がやります。必要ならルールを変えろ。
 私が責任を取ります。」と言い手術を行う。

世良は思う。
凄い。あんなに細かい作業を。これが高階先生の実力!

手術は成功した。

そして、高階の快進撃は続く。帝華大に赴き西崎教授にダーウィンの使用をお願いするのである。それを聴いた西崎教授は執刀医を帝華大の松岡なら許可すると言う。

その条件を呑む高階。そして、東城大の佐伯教授にも その話を通すのであった。もはや、高階には失うものは何もなかった。だからこそ強かったのだ。

そして、東城大に帝華大のダーウィンと 松岡 その他の医師たちが到着する。そして、ダーウィンを使った手術のシュミレーションが行われる。自信満々の松岡に高階は子どもの手術なので

何時もと同じように考えて大丈夫かと心配するが 松岡は動じない。

 

そして、ダーウィンの手術が始まる。順調に進んだと思われたが最後の最後に出血。だがしかし、小春の血は輸血も簡単に出来ない特殊な血液型だ。小春の命が危険な状態に。

しかも、ダーウィンのアームも動かなくなる事態に陥る。慌てる松岡だが、適切な処置が出来ない。

高階は手術室を出て、渡海に執刀をお願いしに行く。
高階「渡海先生 力を貸してください。」
渡海「行くぞ。

スポンサーリンク

 

渡海は松岡に言う。
「小さな子供の身体を想定せずにアームを調整しなかったお前が悪い
 辞表書けよ。お前の退職金一千万でやってやるよ。」

血が無いと慌てる者が居る中、渡海は言う。
「血が無いなら自分の血を使えば良い。」
そう。小春に投与していた増血剤は この為でもあったのだ。

そして、小春の血が運ばれる。それは30分間の手術で使う量だ。
30分で出来るだけ訳ないと言う松岡に渡海は言う。
「出来ちゃうんだよ。東城大は出来るんだ。」

そして、手術は成功した。

 

西崎教授に 今回の手術のフォローが認められ高階は復活。
そして、松岡は失脚。

結局 立場から逃げることは出来ないと感じた高階だったが…
小春を喜ばすために苦手なリフティングを世良たちに教えて欲しいとお願いしているのだった。

 

そして、感想です。↓

2.ブラックペアン 第5話 感想 やっぱり高階先生が熱いっす。火をつけたのは世良先生だけどね。

やっぱり高階先生も伊達じゃなかったんですね。それが描かれていて嬉しいです。そして、このドラマの公式の主役は渡海先生ですが… 特に今回に関しては

私は高階先生が主役だと思って観てました。最初は西崎教授の地位を上げる為に東城大にスナイプを引っ提げて乗り込んで来た高階先生だったのに… 何時の間にか そんな権力闘争ではなく 

純粋に純粋に患者のことを思って その治療のことだけに全力を尽くす姿が観ていて 心地よかったです。

相変わらず 現実と乖離した治験コーディネーターの派手な食事シーンは無くなってはいないですが…(汗)w それが気に成らなくなる位 素敵な変化が高階先生に起きていたのでした。

そんな高階先生を見ていた渡海先生が言います。
「人って変わるんだな」
それに応えて高階先生が言うのです。

「何もかも失いましたから。
 お陰で気付いたことがある。
 大学病院では出世に興味がないものが一番強い。

 渡海先生のように。」

 

私の母も観ているようで言ってたのです。小泉孝太郎が、珍しく悪い役やってる って。
だがしかし、高階先生は悪い役じゃないでしょ。特に今回は そう強く感じました。

そして、それを応援する世良先生。研修医なのに彼が応援することで、高階先生は医者として大切なものを思い出したのです。そして、渡海先生も少しずつ変わって来ているように思いませんか?

私は思います。ただの金儲けに走る医者じゃない。腕だけでもない。高階先生と 世良先生にも負けない素敵な熱い医者なのです。全開でそんな姿を観られる日を楽しみに

来週も視聴します(微笑)

 

あなたのブラックペアン視聴ライフが更に楽しく充実したものに成りますように。

 

過去の話が観たいときは…

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

このサイトについて

2016-01-04morocco-横260px

はじめまして。モロッコです。
あなたを元気にさせるエンタメ情報を
発信して行きますね。
よろしくお願いします。
鼻を押していただければw、
『少しだけ変なプロフィール』
に飛びます!

 

『目次』だよ!クリックしてね!…『宝の地図』って何?

特集ページのピックアップ!

放送終了サイドバナー

迷探偵モロッコ サイドバナーのコピー

カテゴリー