ブラックペアン 第4話 感想 高階先生が主役でも行けるんじゃね。そして元主役の魅力!

この記事は3分で読めます

スポンサーリンク

スナイプ手術の度々の成功で… まあ。それは渡海先生の協力も大きいのですが …高階先生が盛り返して来ました!そして、高階先生の論文で得られるインパクトファクターの数値が 二人の教授の日本外科学会のトップ決定に大きく影響を及ぼすのです。
果たして、高階先生は、どちらの教授をトップへ導くのでしょうか?

先ずは、第4話公式あらすじの紹介と その続きです。↓

1.プラックペアン 第4話 公式あらすじ とその続き

スナイプを使った手術が成功したことで、東城大ではスナイプを大量に導入する方針を固める。高階(小泉孝太郎)はスナイプに関する論文を着実に進めていたが、論文の最後に記す研究の最高責任者の名前をどうするか、悩んでいた。この論文が外科学会理事長選の行方を左右するとあって、論文が掲載される日本外科ジャーナルとの太いパイプを持つ佐伯教授(内野聖陽)と帝華大の西崎教授(市川猿之助)による闘いは、最終局面を迎えていた。
そんな時、高階は帝華大時代に担当していた僧帽弁閉鎖不全の子供の患者を東城大に転院させる。血液が固まりにくい症状で出血を伴う手術は不可能ということもあり、高階は佐伯教授にスナイプ手術の実施を頼み込む。佐伯教授は渡海(二宮和也)を執刀医に指名。ところが、あろうことか渡海は指名を断ってしまう。それどころかスナイプ手術に舵をきった佐伯教授を厳しい言葉で攻め立て、そばにいた世良(竹内涼真)も止める術がない。ついには、佐伯を激怒させてしまう。渡海は今後の手術に一切関わらないよう言い渡され・・・。

 

引用元: TBSテレビ:日曜劇場『ブラックペアン』あらすじ 第4話

 

その続きを書きます。

高階は、帝華大時代に担当していた僧帽弁閉鎖不全の子供の患者・長野小春のシュミレーションを30回行うが30回とも失敗していた。理論的には可能でも、それは高階の技術を越えていたのだった。高階は恥も外聞も捨てて渡海に執刀をお願いする。だがしかし、渡海は佐伯教授にオペを禁止されていると取り合わない。

さらに食い下がる高階。論文は完成し、このオペは もう関係ないんじゃないか と話す渡海。それに応えて高階は話す。実は、この小春ちゃんの身体を治すためにスナイプを導入したのだと。そして、それが出来ないのであればスナイプを導入する意味がないのだと。

渡海は言う。
「そもそも あのスナイプじゃ無理なんだよ。
 血管を傷つけるのがダメなんだったら、血管を通れば良いだろ。」

渡海は、カテーテルの先にスナイプの人工弁を取り付け施術する方法を提案する。

スポンサーリンク

それを聴いた高階は、佐伯教授に渡海の執刀許可をお願いする。佐伯教授は、快く許可し その代わり論文の最後に自分の名前を書くことを要求するのだった。それを了承し手術に挑む高階。

 

手術は、渡海の技術と 高階の患者を誰よりも知っているブレインの最強の組み合わせで無事に成功!

 

論文が「日本外科ジャーナル」に掲載される。高階の論文の最後には佐伯教授の名前があった。だがしかし、その更に下…一番下には西崎教授の名前が記されていたのだった。

 

 

それでは、感想です。↓

2.ブラックペアン 第4話 感想 高階先生が主役でも行けるんじゃね。そして元主役の魅力!

ただのポンコツかと思われていた高階先生ですが… 渡海先生の助けもあり 前回は同時に二つのスナイプ手術の成功! 昼は手術、夜は論文作成と… 何時 寝てるかと思わせるタフな行動 などで頭角を現し 一目置かれる存在に成って来ました。

前回 高階先生の応援感想を書いた甲斐がありましたw

 

高階先生と 渡海先生の 二人が更に対照的な存在に成って来ました。
そして、面白いのは前ならプライドが邪魔をして渡海先生に頼むことをしなかった高階先生が、ほとんど躊躇することなく、自分では手に負えないと思って手術を 渡海先生にお願いすることですね。

そして、渡海先生も 小春ちゃんの手術の時 心房の壁の傷を通るタイミングの見極めを合図しますと提案する高階先生を信じ切っているのです。何か微笑ましくて嬉しいですね。

 

更に高階先生の暴走は止まりませんw
何と、インパクトファクターの獲得を期待する佐伯教授を利用しながら裏切るのです。そして、最後につぶやきます。
「これでインパクトファクターは、私と西崎教授のものだ!

 これで もう 東城大に用はない。」と。

もう立派な大ボスですね(汗)w

 

最初のポンコツに戻らないように この先も大活躍して欲しいです。
もう主役は高階先生でも良いんじゃない とか思えて来ましたw
まあ。難しい手術に成ると渡海先生が大活躍するんですけどね(微笑)

それでも、高階先生には熱さがある。ズルさもちょっと垣間見えてしまいましたが…(汗)w
そして、その熱さは研修医の世良先生が引き出したような気もしますね。
あの素直な真っ直ぐさが…。

そう考えると主役は世良先生でいんじゃね?!w
いや、元々 この先生が主役でしたね。
技術や経験は まだまだですが… 世良先生には良い方に他の人を巻き込む影響力があります!!

それが元主役だった魅力の一つですね(微笑)

 

そして、
それが渡海先生にも 良い影響を及ぼしますように。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

このサイトについて

2016-01-04morocco-横260px

はじめまして。モロッコです。
あなたを元気にさせるエンタメ情報を
発信して行きますね。
よろしくお願いします。
鼻を押していただければw、
『少しだけ変なプロフィール』
に飛びます!

 

『目次』だよ!クリックしてね!…『宝の地図』って何?

Amazonプライムビデオ

特集ページのピックアップ!

放送終了サイドバナー

迷探偵モロッコ サイドバナーのコピー

カテゴリー