あさが来た 第131話 Mの感想 絶えず様々な視点から物事を観てみる!

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

1.第22週 自慢の娘【今週のおおすじ と モロッコの妄想予想】

今週のおおすじと その補足部分を妄想予想しました。おおすじは公式ですが… 私の妄想予想部分は、大暴走していますので 心を広く持ってお読みください。
⇒あさが来た 第22週 自慢の娘 今週のあらすじ & Mの妄想予想

2.第22週 第131話 今日の公式なあらすじ+

Yahoo! 番組紹介ページからの引用と、私の補足です。

あさ(波瑠)の父、忠興(升毅)は、はつ(宮崎あおい)が嫁ぎ先で苦労してきたことを悔いていた。しかし、はつの思いは違っていて…。

「いいや。お父はん。
 うちは、あのお家に嫁げて良かった。

 あの方に嫁げて、藍之介 養之助も生まれて
 こんな嬉しいことはない。」と話す。

 

そして忠興は、新次郎(玉木宏)にはあさが迷惑ばかりかけていることをわびる。すると、新次郎は…。

「迷惑なんてなんも
 わては、あさに助けられた方で。」と話すと…

「わてが、女子に拘らんと もっと学問をさせていたら
 もっと凄いことに成っていたかもしれん。
 あの子の芽を摘んでしまった。」と忠興は言う。

 

新次郎は答えて
「ご存知のようにわては何もできへんかった。

 あさは、よう言うてます。

 子どものとき、何も習わせてもらえへんかったと思ったけど
 沢山 習わせてもらっていた と。
 それにこれ以上偉くなられたら わてが困ります。」

 

あさは、大隈綾子(松坂慶子)を訪ね、女子大学校の設立について話し合っていた。その後、忠興の部屋を訪れたあさに対し、忠興はある考えを話す。あさはその話を聞いて驚いてしまう。

忠興は、もし東京に建てるのなら目黒の別荘を寄付するので使って欲しい。あさの学問の目を摘もうとしたことを許して欲しいと話す。

 

以上 引用と私の補足おわり。

3.【ネタバレ】第22週 第131話 Mの感想  絶えず様々な視点から物事を観てみる!

『Mの感想』の『M』は『モロッコ(Morocco)』の『M』です。タイトルが長くなるので省略しました。

スポンサーリンク

 

大学女子230097

忠興さんの一つ目の失敗の山王寺屋没落の件。
最初、意見を聴いていたとき、やっぱりポンコツだったか?と失礼ながらも思っていました。しかし、聴いているうちに はつの意見を聴いて あっさりと同意されたのは凄いと思った。

ここで、自分の意見に固執されるようなら、間違いなくポンコツですが実際は、違っていました。流石です。

 

そして、もう一つの失敗のあさの件。こちらは自分の推測とは全く違ってました。失敗と言いながら、それはあさの失敗ではなかったのです。忠興さんが、あさを女子と言うことで学問を取り上げようとしていた自分を悔いてのことでした。

そして、最後には女大学のために目黒の別荘も寄付しようと言ってくれます。そして、

『ええ娘やったで。
 今は自慢の娘になってしもうた。』

とまで言ってくれるのです。いつの間にか失敗と真逆に成ってますね。

やられました。
今週は『自慢の娘』ってタイトルだったので、てっきり あさの娘の千代に焦点を当てた話だと思っていたのに。

 

そうか!
あさも 忠興さんにとっては 自慢の娘 だったのですね。

 

今週の教訓は、
いろいろな立場や角度から 物事を見てみることは重要なことだと思いました。

 

さてさて、明日は『自慢の娘』 …どのように締め括ってくれるのか?

それも非常に楽しみですね。

 
あさが来た!バナーのコピー

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

このサイトについて

2016-01-04morocco-横260px

はじめまして。モロッコです。
あなたを元気にさせるエンタメ情報を
発信して行きますね。
よろしくお願いします。
鼻を押していただければw、
『少しだけ変なプロフィール』
に飛びます!

 

『目次』だよ!クリックしてね!…『宝の地図』って何?

Amazonプライムビデオ

特集ページのピックアップ!

放送終了サイドバナー

迷探偵モロッコ サイドバナーのコピー

カテゴリー