精霊の守り人II悲しき破壊神(2)あらすじ アスラとチャグム

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

1.精霊の守り人II 悲しき破壊神(2)あらすじ

以下 公式サイトからの引用です。

バルサ(綾瀬はるか)がアスラ(鈴木梨央)と身を潜める小屋に呪術師スファル(柄本明)が現れ、アスラは怒りで人々を殺す力を持っており、誰にも救えないと忠告する。

それでもアスラを守ろうとするバルサだが、薬を盛られたのか意識が遠のいていく…。

 

一方、サンガル王国救出の航海に出たチャグム(板垣瑞生)は、タルシュ帝国に対抗するには隣国との同盟が必要と祖父のトーサ(伊武雅刀)に訴え、針路をロタ王国に向けさせた…!

以上 引用おわり。

2.あらすじの続き アスラとチャグム

公式サイトのあらすじの続きを自分なりに書いて行きます。

 

シハナが現れ、アスラを連れ去ってしまう。バルサは、幻覚を見ながらもタンダの声に救われ、シハナを追いかけ勇敢に戦う。何とかアスラを取り戻したが、戻ってみるとタンダと チキサは、さらわれていたのだった。

バルサは、心配するアスラに 私たちを捕まえための人質に二人はされるから 命は大丈夫だと伝える。

 

 

チャグムは、ロタ王に会い同盟を組み、タルシュ帝国と戦う意思を表明して欲しいと懇願する。しかし、ロタ王はタルシュ帝国から港の開港の要請が来ており、民も望んでいるため 今 直ぐには答えられないと話す。

しかし、チャグムとの絆は深まった。決して命を無駄にせず、いつか また このロタ王を訪ねて欲しいと話すのであった。

スポンサーリンク

 

 

トーサとチャグムたちの船は、サンガル国の大船団と遭遇する。船に乗り込まれ、選択を迫られたトーサは捕虜になる道を選ぶ。トーサは、チャグムに一般兵の服を着せ、生き永らえるように言う。

そして、トーサは船に残ると話す。トーサも生き永らえて欲しいとチャグムは頼む。しかし、私は私として生きるだけ。船を取られては私ではありませぬと答え、船と運命を共にするのであった。

 

 

アスラは、明日に成ったら お兄ちゃんたちを助けに行こう とバルサに話す。自分には神様がついているから大丈夫と話すアスラに バルサは、もう神様を呼んじゃいけないと話す。

アスラは、悪い人だけ殺すのだと言うが、バルサは 良い人とか悪い人は見る立場によって変わると諭すのだった。それを聴いて、アスラはお母さんは何も悪いことしてないのに、どうして殺されなければいけなかったの 

と泣き出すのだった。

 

 

「許せない。
 お母さんの殺した者たちを
 絶対に許さない。」と話すアスラと

「無駄じゃない。
 絶対に無駄にはしない。」と誓うチャグムであった。

3.例のごとく…

長く成ったので続きます。
精霊の守り人II悲しき破壊神(2)感想 やさしい子に育っておくれ

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

このサイトについて

2016-01-04morocco-横260px

はじめまして。モロッコです。
あなたを元気にさせるエンタメ情報を
発信して行きますね。
よろしくお願いします。
鼻を押していただければw、
『少しだけ変なプロフィール』
に飛びます!

 

『目次』だよ!クリックしてね!…『宝の地図』って何?

Amazonプライムビデオ

特集ページのピックアップ!

放送終了サイドバナー

迷探偵モロッコ サイドバナーのコピー

カテゴリー