視覚探偵 日暮旅人 第2話あらすじ 旅人怒る!!

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

1.視覚探偵 日暮旅人 第2話 あらすじ

公式サイトからの引用です。

5歳の時にある事件に巻き込まれ、過酷な環境で監禁されていたことが原因で視覚以外の感覚を自ら拒絶するようになったという日暮旅人(松坂桃李)。保育士・陽子(多部未華子)は、20年前に自分の保育園で起きた誘拐事件の被害者で

思い出したくても思い出せない謎の初恋の相手・たぁ君が旅人だったのではないかと思い始める。しかし、旅人の主治医・榎木(北大路欣也)は、旅人は未だに過去を封印しており、無理な詮索は旅人の精神を崩壊してしまいかねないと忠告する。

一方、旅人のもとには、シングルマザーの宮川恵理(入山法子)が2日前から行方不明の5歳の娘・さくらを探して欲しいとやってくる。事件の難しさから失明を心配して止める雪路(濱田岳)を尻目に、5歳児の誘拐と聞いた旅人はいつになく事件に肩入れし、依頼を受ける。

手掛かりを探すため、さくらが暮らすアパートの住人、矢口凜子(矢田亜希子)と狭川(栗原類)から事情を聴く旅人と雪路だったが2人にはアリバイがあった。そこで、さくらの失踪以来姿を消しているという

隣人・江園(今野浩喜)の部屋に入った旅人が目の力で視たものは、盗聴に使っていたと思われるコップと本棚の植物図鑑、流しの下のドッグフードからの“強い執着心”だった。同じく事件を追う刑事・増子(シシド・カフカ)の邪魔が入り、

重要な手掛かりが得られないものの、旅人は江園の部屋の天井のあたりに視えたあるものが気になっていた……。

翌日、灯衣(住田萌乃)が「ファミリー」と名付け可愛がっていた近所の野良犬がさくらのアパート前に現れる。その首輪にくくりつけられていたのは、なんと行方不明のさくらが身につけていた指輪……!

さくらからのSOSを察知した旅人は雪路とともにファミリーを追い、急いでさくらの居場所を探す。

スポンサーリンク

その頃、陽子と亀吉(上田竜也)は、事件にかかりきりの旅人に代わり灯衣の世話をしていた。しかし、ファミリーが保健所に連れて行かれるという噂を聞いた灯衣が外に飛び出し、3人でファミリーを探すことに。
そして、一頭の野良犬・ファミリーをきっかけに、捜査線上に意外な人物が浮かび上がる……!!

以上 引用おわり。

2.公式のあらすじ の続き

灯衣(てい)と亀吉と陽子は、周りの人の聞き込みからファミリーが北道沿いの家具屋の犬だと聞きつける。既につぶれていた家具屋に入ろうとするが…

灯衣が足をくじいた為、亀吉が一緒に居ることになった。陽子が中に入って行く。

 

家具屋の中で陽子は、さくらちゃんを見つける。が…鎖に繋がれている。
「来ちゃダメ!逃げて。」とさくらが叫ぶ。
もう一人男も繋がれていた。江園だった。

そこに後ろからナイフを持った矢口が走って来る。
そのとき、ファミリーを追いかけて この家具屋に辿りついた雪路がタックル。

旅人は、さくらを守る。
そして、旅人は矢口を振り回し、首を絞め
「あの子に何をした?!」と怒りの形相で叫ぶ。

驚く一行。雪路の「殺すかと思った」の声に
「まさか。殺す価値もない。」と冷酷に答える。

3.長く成ったので続きます

視覚探偵 日暮旅人 第2話感想 ドローンが高速過ぎて焦る

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

このサイトについて

2016-01-04morocco-横260px

はじめまして。モロッコです。
あなたを元気にさせるエンタメ情報を
発信して行きますね。
よろしくお願いします。
鼻を押していただければw、
『少しだけ変なプロフィール』
に飛びます!

 

『目次』だよ!クリックしてね!…『宝の地図』って何?

Amazonプライムビデオ

特集ページのピックアップ!

放送終了サイドバナー

迷探偵モロッコ サイドバナーのコピー

カテゴリー