スーパーサラリーマン左江内氏(3)あらすじ はね子はアイドル

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

1.スーパーサラリーマン左江内氏(3)あらすじ

以下 公式サイトからの引用です。

左江内(堤真一)は、はね子(島崎遥香)から、ルージュパンクというアイドルグループのオーディションを受けると聞かされる。
心配する左江内をよそに、「センターを奪う!」

と、野望に燃える家族たち。

そんな中、左江内は、会社のCM撮影の助っ人で現場へ行くことになる。
CMに出演するのは、ルージュパンクの不動のセンター・真中ありさ(浜辺美波)だった。
ありさは、清純で売りつつも、実は裏表のはげしい性格。
左江内は、ありさにこき使われ、振り回される。

左江内ははね子がこうなってしまったら嫌だ!とオーディションを反対し出すが、逆に、ありさにはね子をオーディションでプッシュしてほしいと円子に言われてしまう始末。
左江内は一体どうするのか?

以上 引用おわり。

2.あらすじの続き はね子はアイドル

公式サイトのあらすじの続きを書いて行きます。

 

ありさに こき使われながらも 使いっぱとして役に立つと気に入られ、度々呼ばれるように成った左江内氏。ありさの仕事の多忙さを見ているうちに、益々 はね子にはアイドルに成って欲しくないと思う左江内氏。

 

しかし、はね子は順調にオーディションを突破して最終オーディションにまで進んでしまうのであった。

ありさからオーディションの審査での応援の申し出を断ったのを
毒舌妻の円子に告げると
「頭蓋骨をすり減らすくらい土下座して謝れ。
 そしてプッシュして貰って来い」と命令されていたのを思い出し、

スポンサーリンク

 

「実はお願いがあって…(長い溜めがあって)…やっぱりいいわ。ないないないない…」と言いながら土下座する左江内氏。

そして、心配で現場に押し掛けるありさの母親。母親は、全てを賭けて ありさを応援しているのだった。

 

CM撮影が一段落したとき、ありさは「お気楽係長と違って色々辛いんすよ」と左江内氏に話す。それを聴いて左江内氏は「辛ければ辞めちゃえば」と答える。

 

オーディション会場に ありさが現れない。誘拐されたのだった。マネージャーが嘘をついていたのを見破った左江内氏は、スーパーサラリーマンに変身。

マネージャーの部屋に訪れ、捕まった ありさを救出しオーディション会場に連れて行く。その途中でありさは、最近アイドルを辞めたくて仕方なかったから新鮮だった。

このまま死ぬかもと思ったとき、まだアイドルをやりたいと思った と話す。

 

オーディション会場の最終審査。はね子が作戦で「付き添いで来たんですけど」と話す。

それに対して ありさは、
「付き添いで来たの?
 付き添いで来た子にセンター勤まらないよ。
 アイドルはね。アイドルが大好きな子じゃないと出来ないよ。」
と答えるのだった。

 

そして、はね子は落選。落ち込む円子たち。しかし、左江内氏は
「やらなくていいいよ。アイドルなんて…
 はね子は、左江内家のアイドルなんだからさ」

3.例のごとく

続きます。
スーパーサラリーマン左江内氏(3)感想 アイドルは便所に行かない

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

このサイトについて

2016-01-04morocco-横260px

はじめまして。モロッコです。
あなたを元気にさせるエンタメ情報を
発信して行きますね。
よろしくお願いします。
鼻を押していただければw、
『少しだけ変なプロフィール』
に飛びます!

 

『目次』だよ!クリックしてね!…『宝の地図』って何?

Amazonプライムビデオ

特集ページのピックアップ!

放送終了サイドバナー

迷探偵モロッコ サイドバナーのコピー

カテゴリー