とと姉ちゃん 第60話 感想M 私が星野だったのなら、こうします!

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

1.【ネタバレ】第10週 第60話 「常子、プロポーズされる」今日の公式あらすじ+1

Yahoo! 番組紹介ページからの引用と私の補足です。

「今は結婚できません」常子(高畑充希)は、星野(坂口健太郎)からのプロポーズを断る。自分を後回しにして他人のために全力で走る性格だから、結婚よりも家族を選ぶと思っていた。

でも、そんな常子だからひかれたのだと感謝を伝え、星野は常子と別れる。

 

出発当日、星野は大学の友人に見送られ、列車に乗り込む。そこに常子の姿はない。列車が鉄橋にさしかかろうとする時、星野は車窓から遠くで一人たたずむ常子の姿を見つける…

星野は列車の窓を開け、身を乗り出して帽子を振り「常子さ~ん」と叫ぶのであった。

 

以上 引用と私の補足おわり。

2.【ネタバレ】第10週 第60話 感想M  私が星野だったのなら、こうします!

『感想M』の『M』は『モロッコ(Morocco)』の『M』です。

スポンサーリンク

 

星野のプロポーズを断った後、かか(お母さん)君子に星野にプロポーズされ 断ったことを伝える。そして「でも、やっぱり星野さんとのお別れは、辛いものですね。」と話す常子。君子に抱かれ、「ここなら誰にも聞こえないよ」と言われて

思い切り泣く常子。

 

やっぱり 星野のこと 大好きだったのじゃないでしょうか?
しかし、ここで星野と結婚して大阪に行かれると「とと姉ちゃん」じゃなくなってしまいます(汗)w そういう訳には行かないのですww

とと(お父さん)の約束の所為じゃないと常子は言っていましたが… 無っ茶 引きずられているように思うのですが…(汗)新しい常子の恋を描くのに星野は邪魔だったのでしょうか? きっとそうですね。

 

 

常子が、星野が大阪に旅立つ時、一人たたずんでいたとき、何を思っていたのでしょうか? 少ししてお辞儀をしていましたが… そうすると星野が見えないじゃないですか? それで常子は、良かったのでしょうか? 

見えなくいてもいいから星野に謝りたかったのでしょうか?

そして、自分たちのために星野のプロポーズを断ったことを知ったら、鞠子と美子は喜ぶのでしょうか? きっと悲しむのではないかな。きっと鞠子と美子は、何時も自分たちの為に頑張ってくれている

とと姉ちゃんに結婚して幸せに成って欲しかった筈です。

 

 

そして、私が星野なら
常子に断られても文通をお願いして常子の様子を探れるようにしますね。これなら、何時か常子が家族のことを考えなくても良くなった時に結婚できるかもしれませんからね。

しかし、実際の星野は、このような計算をするキャラではないですよね。そんなことをしたら星野で無くなりますね。真っ正直で純粋なのが、星野な気がします。だから少しホロ苦いですが、これで良いのでしょう。

 

 

果たして
常子は、幸せに成れるのでしょうか? それも今後の見所ですよね。

来週も また 観よう!!

 

とと姉ちゃんバナー

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

このサイトについて

2016-01-04morocco-横260px

はじめまして。モロッコです。
あなたを元気にさせるエンタメ情報を
発信して行きますね。
よろしくお願いします。
鼻を押していただければw、
『少しだけ変なプロフィール』
に飛びます!

 

『目次』だよ!クリックしてね!…『宝の地図』って何?

Amazonプライムビデオ

特集ページのピックアップ!

放送終了サイドバナー

迷探偵モロッコ サイドバナーのコピー

カテゴリー