バイプレイヤーズ 第8話 感想 NHK総合「七月の鯱」を観てみたい!

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

1.バイプレイヤーズ 第8話 あらすじ

『七人の侍』のリメイク企画は4か月前に頓挫していたことが判明。
大杉がフィルムを盗んだ犯人を探すため、その事実を隠したまま共同生活を決行していたのだ。
激怒した5人は家を出て行ってしまう…
そんな中、大杉はかつて不倫騒動でどん底だった滝藤賢一に遭遇。
今は再ブレイクを果たしているが、それは0からやりなおす覚悟をした結果だと教わる。
「信頼を回復するには仕事」と考えた大杉は、自らテレビ局を行脚。
全キー局の番組出演が決定。怒涛の撮影の日々が始まるが…。

以上

番組公式サイト(http://www.tv-tokyo.co.jp/byplayers/story/index.html?story=s_08)
からの引用でした。

2.公式あらすじ の続き

結局 撮影中に倒れて病院に運ばれてしまう大杉。目が覚めると三日が経過していた。過労でずっと寝ていたらしい。焦ってスケジュールを確認し病室を出ようとする。

そこにマネージャーが現れて、現場には代役で5人が入ってくれたと話す。

 

館山に集まる六人。皆を裏切ったのにどうして と話す大杉。言い出しっぺはトモロヲだった。トモロヲはスケジュールの関係で 参加したいのに断った仕事を無理に引き受けてくれた大杉に感謝していたのだった。

皆 感謝している と話す。それは俺の台詞だよ と答える大杉。どきどき 吸いに来たくなるんだよな 館山の空気 と話す遠藤。そろそろと皆帰ろうとするが中々前に進まない。

スポンサーリンク

そこを大杉が引き留める。虫のいい話は承知だが一緒にバイプレイヤーズのフィルムを探して欲しいと皆に頼む。理由を皆が尋ねると大杉は、監督のためだと答えるのだった。

3.バイプレイヤーズ 第8話 感想 NHK総合「七月の鯱」を観てみたい!

NHK総合「七月の鯱」
CX「私はいつか父との日々を思い出して泣いてしまうだろう」
低予算映画『みたらし熟女』

ちょっと観てみたいなぁ …とか思ってました。みたらしはホラー映画なみの怖さかもしれませんが…(汗)w

そんな風に思ってたら…最後に
『登場した他局の番組は架空のものです。』と注意書きが…www

そうだよなぁ。日本人ってドラマでやってると その役とか ドラマの中のドラマを 本当化かもしれないって思う人 多そうなんだよなぁ。

えっ? 多くない(汗)
取り合えず代表の一人が私でした(汗)w

 

出始めで漣さんが熟女と布団の中で「とみこ って呼んで良いですか?」ってシーンを観て 変に気に成っていたのでした。どんな状況なんだと。架空低予算映画の1シーンなのでしたw

更なる謎が出来て来たバイプレイヤーズ。果たして無くなったフィルムを探すのは何故、監督のために成るのか? その真相が分かる きっと分かるであろう次回も楽しみです。

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

このサイトについて

2016-01-04morocco-横260px

はじめまして。モロッコです。
あなたを元気にさせるエンタメ情報を
発信して行きますね。
よろしくお願いします。
鼻を押していただければw、
『少しだけ変なプロフィール』
に飛びます!

 

『目次』だよ!クリックしてね!…『宝の地図』って何?

Amazonプライムビデオ

特集ページのピックアップ!

放送終了サイドバナー

迷探偵モロッコ サイドバナーのコピー

カテゴリー