宇宙戦隊キュウレンジャー第27話感想 回想とこれからのキュウレンジャー

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

過去に向かうオリオン号にインダべーたちが侵入!捕まえて話を聴くと、ブラック企業のジャークマターから逃げ出して来たとのことだった。

果たして、良いインダべーのような彼らは キュウレンジャーに加わるのでしょうか?果たして果たして…(微笑)

先ずは、恒例の公式あらすじにツッコミからです。↓

1.第27話の 公式あらすじ にツッコミ入れます!

 ナーガ奪還はラッキーたちに任せ、ツルギたちはドン・アルマゲの秘密を探るために過去へ旅立つ。

二班で動く展開も大人数のキュウレンジャーならではですね!

 

ところが、オリオン号の中にインダベーが侵入していた。

ぬかりまくってますね(汗)

 

インダベーを捕獲してみると、マスクを外せばしゃべれることが分かる。

そ そうなんだ(汗)

 

彼らはジャークマターに作られた生命体インダで、マスクを被ってインダベーとして働かされていたが、ひどい扱いが嫌になり助けを求めて4人で逃げてきたというのだ。

ジャークマターもブラック企業だったのね(汗涙)

 

 4人のインダベーたちは、かつてキュウレンジャーが倒したインダベーだった。

生きてるやん! 倒されてないやん(汗)

 

話を聞いたスパーダたちは、インダベーたちを助けてあげたいと思い始める。

スパーダ 良いヤツ!(微笑)

 

ところが、これはキュレンジャーが目的の時代に到着するのを阻止するための策略だった。

なんと…(汗)良いインダべーたちもキュウレンジャーに加わって更に大所帯に成るのを期待してたのに…w

 

潜入したインダベーはもう1人いて、4人が時間稼ぎをしている間にオリオン号のメインコンピューターを乗っ取っていたのだ。

やるな!インダべーレッド!!

 

オリオン号は目的とは違う原始時代に不時着してしまうが、キュウレンジャーはあっという間にインダベーを倒し、再び目的の時代へと旅立ったのだった。

スポンサーリンク

仲間の大切さに目覚めたツルギさんでしたが… 全く情け容赦ありませんでした(笑)

 

以上
公式のストーリー第27話「オリオン号でインダべーパニック」(http://www.tv-asahi.co.jp/kyuranger/story/0027/)より引用したものに 愛あるツッコミを入れてみました。

2.宇宙戦隊キュウレンジャー第27話感想 回想とこれからのキュウレンジャー

過去に向かったオリオン号にインダべーが侵入し、珍騒動を巻き起こします。結局、インダべーは5人居るのですが… その一人一人が、それぞれ過去のエピソードで倒されたインダべーたちでした。

そのときの様子を思い出すことで、今までのキュウレンジャーの活躍を辿ることが出来ました。つまり、今回は、振り返り回でしたね。今のインダべーの騒動と上手く絡めて紹介されてました。

上手い演出だと思います。

 

そして、過去の振り返りだけじゃなく今の変化も取り入れてましたね。インダベーたちにツルギさんは誘惑を受けるのです。一人で強いのだから、仲間はいらないだろ!と。

そこにツルギさんは確かにコイツ等は足手まといに成るかもしれない。だがしかし、俺の伝説を作るのに必要だと答えるのです。

ちょっと俺様キャラ的な発想ではありますが… ツルギさん 変わったなぁ(微笑)

そんなツルギさんの変化も垣間見れるのが良い感じでした。

 

そして、ラッキーが加わってから その運の良さが仲間集めに貢献していたのですね(微笑)流石、ラッキー!そして、そんなラッキーは、ツルギのことを心から信用しているのです。

そんなラッキーの想いも観ていて気持ち良かったですね(微笑)

 

 

次回、果たしてヘビツカイメタルに成ったナーガさんを ラッキーたちは救えるのでしょうか?!
来週も楽しみですね。

 

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

このサイトについて

2016-01-04morocco-横260px

はじめまして。モロッコです。
あなたを元気にさせるエンタメ情報を
発信して行きますね。
よろしくお願いします。
鼻を押していただければw、
『少しだけ変なプロフィール』
に飛びます!

 

『目次』だよ!クリックしてね!…『宝の地図』って何?

Amazonプライムビデオ

特集ページのピックアップ!

放送終了サイドバナー

迷探偵モロッコ サイドバナーのコピー

カテゴリー