宇宙戦隊キュウレンジャー第32話感想 オリオン号が永遠に成った理由

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

いきなり修理が出来ない程、壊れていたオリオン号。いや、いきなりでもないですね(汗)そんなオリオン号を必死に治そうとするラプター。果たして、その理由は? そして、ラプターの想いは叶うのでしょうか?

先ずは、公式あらすじに ツッコミから↓

1.第32話の 公式あらすじ にツッコミ入れます!

 ナーガの情報によりドン・アルマゲの居場所はミナミジュウジ座周辺だと判明。すぐに向かおうとするが、まだオリオン号は起動しない。

オリオン号ーーーーーー!
戻ってこーーーーい!!(汗)

 

そんな中、活動停止していたはずのモライマーズが爆発する。ドン・アルマゲが昇級を条件に全カローにキュウレンジャー抹殺命令を出したため、カローたちがやる気を出したのだ。

まるでサラリーマン(微笑)

 

 キュウレンジャーが駆けつけると、ククルーガの手下で、宇宙一の科学者を自称するドーギュンは、壊れた電化製品を操り人々を襲っていた。ラプターはオリオン号の修理のためドーギュンの力を借りたいと考えるが、ドーギュンは機械を直しているわけではなく狂暴化させていただけだった。

生物学者だそうな(涙)w

 

オリオン号はもう直らない。オリオン号にひときわ思い入れのあるラプターは落ち込むが、ラッキーの励ましにより、仲間であるオリオン号のためにもキュウレンジャーとして戦い続けることを誓う。

素敵な展開ですね。

 

 ドーギュンは巨大なモライマーズを宇宙から落とし、チキュウを破壊しようとする。絶体絶命の中、それでも諦めないラプターの気持ちに応え、動かないはずのオリオン号が発進。

お おじ様…。

 

モライマーズに向かって突っ込み、ともに大爆発する。最後の力を振り絞りキュウレンジャーのピンチを救ったオリオン号に、ラッキーたちは必ずドン・アルマゲを倒すと誓うのだった。

…このまま終わったのなら素敵な話だったのですが…(汗)w

 

以上
公式のストーリー第32話「オリオン号よ、永遠に!」(http://www.tv-asahi.co.jp/kyuranger/story/0032/)より引用したものに 愛あるツッコミを入れてみました。

スポンサーリンク

2.宇宙戦隊キュウレンジャー第32話感想 オリオン号が永遠に成った理由

過去にラプターたちがピンチに陥ったとき、オリオン号が救ってくれたと考え、オリオン号に特別な思い入れがあるラプター。そのとき一緒に居たスパーダは、もしかしたら動力が戻っただけかもしれないけど、

そのことをオリオン号が救ってくれたとラプターは思っているのです。前にオリオン号が「オリオーーーン」…って話していたように思ったので、てっきりオリオン号に意識があると思っていたのですが

そうではなさそうですね。

 

なのに… 
まるで意識あるように奇跡を起こすオリオン号。終盤のチキュウ最大のピンチ… 巨大モライマーズ落とし を防ぐために動力も電力も無くなっていたと思われたオリオン号が一人 特攻をするのです。

激突して爆発するオリオン号。

 

「ラプターの気持ちにオリオン号が答えてくれたんだね。」
「アイツは間違いなく13番目の戦士だった。」

キュウレンジャーの皆が声を掛けます。

 

急展開でオリオン号が無くなったように思わなくもないですが、
ここで終っていたら素敵な話だったのですが……

 

画面に「過去」の文字が。
そして、秘密基地のような場所にショウ司令官の姿が。
そして話すのです。

「準備は整った」と。
ショウ司令官が見つめる先には
新しい船が!

 

CMでは、『オリオンバトラー』…って新商品の紹介が…(汗汗)w

 

 

何だよ。
新しいオモチャを売りたいだけかよっ!
…とか思いながらも

大きさは、どの位なのかな? ミニプラで出ると嬉しいな?と期待している自分が居ます。

 

来週も楽しみです(微笑)

 

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

このサイトについて

2016-01-04morocco-横260px

はじめまして。モロッコです。
あなたを元気にさせるエンタメ情報を
発信して行きますね。
よろしくお願いします。
鼻を押していただければw、
『少しだけ変なプロフィール』
に飛びます!

 

『目次』だよ!クリックしてね!…『宝の地図』って何?

Amazonプライムビデオ

特集ページのピックアップ!

放送終了サイドバナー

迷探偵モロッコ サイドバナーのコピー

カテゴリー